美髪のために習慣にしたい正しいシャンプーの方法とアフターケア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.08.05.Tue

毎日さまざまな汚れや臭いがつく、頭皮や髪。毎日丁寧に洗っているつもりでも、きちんと汚れが落とせておらずトラブルを招くこともあります。
そこで、美髪のために習慣にしたい正しいシャンプーの方法と、アフターケアについてご紹介します。

正しいシャンプーの方法

1:髪を濡らす前にブラッシングし、髪や頭皮についた埃などの汚れをあらかじめ落とす

2:髪をかきわけながら頭皮にまんべんなくぬるま湯をあて、頭皮を濯ぎ洗いする(時間にして最低でも3分程度)

3:シャンプーを手に取り、水と混ぜ合わせて十分に泡立てる。このとき、泡立てネットを使うのもお勧め

4:泡を頭皮につけながら頭皮を優しくマッサージするように洗う。このとき、爪を立てず指の腹を使って頭皮を傷つけないように洗っていくのがポイント

5:髪は軽く泡をつけ撫でるように洗う。このときゴシゴシと擦ることがないように注意すること

6:髪をかきわけながらぬるま湯で丁寧に泡と汚れを濯ぐ

3からの工程をすでに習慣にしていらっしゃる方でも、1と2を習慣にされていらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。
1のシャンプー前のブラッシングは汚れをあらかじめ落とすだけでなく、頭皮の血流もよくする効果があるためぜひ習慣にしていただきたいと思います。

シャンプー後のケア

1:シャンプー後軽く水気をとった状態の髪にトリートメントまたはコンディショナーを馴染ませていく。この時毛先を中心に馴染ませ、頭皮にはつけないようにする(このとき、スペシャルケアとしてシャワーキャップなどを被りトリートメントの浸透を高めるのも◎)

2:1の状態から数分置いてぬるま湯で丁寧に濯ぐ

3:タオルで髪をはさむようにしてタオルドライする。このとき、タオルでゴシゴシと髪を擦らないよう注意すること(濡れた状態の髪はもろくなっているため)

4:軽くタオルドライしたらアウトバス用トリートメントなどを毛先を重点的に髪に馴染ませる。このとき、頭皮にはアウトバス用トリートメントをつけないように注意する。アウトバス用トリートメントをドライヤー前につける理由は、ドライヤーの熱から髪を守ることが目的

5:ドライヤーで髪を乾かす。このときまず頭皮から乾かしていく。また、ドライヤーの温度は低めにし、ドライヤーの熱で頭皮を傷めることのないように注意する。頭皮を乾かしたら髪を丁寧に乾かしていく。このとき、毛先にはドライヤーをあてないようにすること。ドライヤーで8割くらい髪を乾かせばOKです

美髪を育むためには頭皮を健やかに保ち、今ある髪を労わることが大切となります。このほか、アフターケアでは必要に応じて育毛剤を使用するのも◎。また、頭皮マッサージを習慣にすると頭皮の血行がよくなるほか、顔のたるみ防止にも繋がるためお勧めです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)