夏に開いた毛穴がたるみになる前に阻止! 透明感を失う要素の毛穴をケアしよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.08.11.Mon

キレイな素肌に必須なのが透明感、ツヤ肌。そんななか、キレイな素肌を失う要素が毛穴です。鼻や頬にポツポツと悪目立ちする毛穴。ファンデーションでも隠せば隠すほど崩れやすくなったりと意外にも年齢に関わらず多い肌トラブル。しかし諦めるなんてもったいないです。毛穴は毎日のケアで改善できる部分でもあるため、日頃のスキンケアで確実に解決していくことができるんですよ。

自分の毛穴のタイプと改善法は?

毛穴にもタイプがあり、誤ったケアを続けていると毛穴を広げてしまったり悪化させる恐れも。まず、しっかりと自分の毛穴を見極めることが大切です。分かりやすくタイプ別の改善法と一緒にお伝えしていきます。さぁ、鏡を用意して自分の毛穴をじっくり観察してみましょう。

つまり毛穴タイプ

状態…古い角質と過剰皮脂が混ざり合い、毛穴の出口をふさいでしまう状態で、夏に多く見られます。見た目では白っぽく、触るとザラザラとした感触があるのが特徴です。

改善法…毛穴に詰まった皮脂や角質を落とす必要があるため、肌に負担なくタンパク質を分解し毛穴を掃除できる酵素系の洗顔料を取り入れて! 優しく洗うだけで洗い流した後はしっとりツルツル。

開き毛穴タイプ

状態…皮脂の分泌量が多いため、その出口の毛穴まで大きくなって開いてしまった状態で、普段オイリー肌の方に多く見られます。すり鉢状の毛穴がTゾーン周辺に多発しているのが特徴

改善法…開いてしまった毛穴はキュッと引き締めて閉じてあげることが重要なため、根本的な原因の過剰皮脂を抑える皮脂抑制成分を配合したスキンケア用品で毛穴を引き締めましょう。この時期効果を高めるために冷蔵庫でアイテムを冷やしておくのも効果的。

たるみ毛穴タイプ

状態…主に老化が原因で起こり、肌の弾力やハリが失われることによって毛穴も同時に下方へ開いてしまっている状態です。形は丸ではなく涙形なのも特徴の一つ。

改善法…弾力やハリが低下しているためレチノール配合の美容液でハリの元となるコラーゲンの生成を促進することで潤い、たるんだ毛穴が解消。スキンケア全体もエイジングケア重視でセレクトしましょう。

乾燥毛穴タイプ

状態…カサカサ乾燥によって肌のキメが乱れ、毛穴の影が悪目立ちしている状態です。触るとカサカサとした感触が特徴。

改善法…必要なのはとにかく肌に水分を! 量をケチらず、保湿化粧水やパックで贅沢保湿を心掛けましょう。そのため、プチプラの化粧水をもったいぶらずにふんだんに使ったりプチプラのパックを毎日使用したりと工夫を取り入れましょう。

いかがでしたか? 普段のお手入れにこれらの毛穴を見極めたケアを取り入れることで確実に変わっていくのが実感できるでしょう。遠い存在だった誰もが憧れるたまご肌が近い存在になりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/