あなたはどのタイプ?「4つの尻型別・おしりのシェイプアップ方法」で自慢の美尻を手に入れよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.08.21.Thu

薄着の季節は「体型が気になる!」と感じてしまいますよね。おしりのラインが……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は、おしりにも種類があります。4つのタイプ別に、一番合った方法でシェイプアップを叶えましょう!

まずは、おしりのカタチをチェック!

頬が程よい高さで、女性らしい丸みがあり、太ももの境目がしっかりあるおしりが理想といわれています。

洋ナシ型

おしり全体の筋肉がたるみ、下がっている状態。洋ナシのように下に向かって大きなカタチになります。たるんだ肉が溜まってしまい、おしりが2段になってしまうことも!

ピーマン型

おしりや太ももに脂肪が多く、腰・おしり・太ももの境目が目立たなくなっている状態です。くびれがないおしりといえば、イメージしやすいかもしれませんね。

扁平(へんぺい)型

いわゆるぺタンとしたおしり。横に広がり、平たくて、メリハリがない状態です。骨盤が後ろに傾いているのが原因といわれています。横から見ると、おしりの頬があまり出ていないのが特徴です。

出っ張り型

加齢、運動不足により骨盤が前傾して、おしりがうしろに突き出ているような状態です。
横から見て、おしりだけがボコッと出ているのが特徴です。

タイプ別!簡単ヒップアップ方法♪

次に、自分のヒップラインに合わせた引き締め方法をチェックしましょう!

洋ナシ型

大また歩きを意識しましょう!
洋ナシ型の方は、おしりの筋力不足が原因といわれています。歩く際には、歩幅を大きく広げて、おしりの筋肉を意識して歩きましょう。

「おしりの筋肉で歩いている」というイメージで、後ろ足が身体よりも後ろに。ひざ裏をしっかり伸ばすようにします。

ピーマン型

脂肪燃焼を心がけましょう!
脂肪の燃焼率が下がっていることが原因といわれているピーマン型のおしり。脂肪の多い食事はできるだけ避けて、有酸素運動で脂肪を燃やしてあげましょう。

ピーマン型の場合は、階段を上がる動きが◎。骨盤ごと、グッと引き上げるイメージで、階段を登ってみましょう。日々の移動は、出来るだけ階段を使えば理想のヒップラインに近づけるはずです♪

扁平(へんぺい)型

太ももの裏をほぐすようにしましょう!
ぺタッとした印象のおしりは、太ももを伸ばして、骨盤の後傾を補修していきます。足をピンとまっすぐに伸ばして床に座り、つま先を手でつかみます。右のつま先を倒して、左のつま先を手前に引いて10秒間キープしてください。
左右交互に数回繰り返して、太ももの裏をほぐしましょう!

出っ張り型

ストレッチで筋力をアップさせましょう!
下半身の筋力がダウンしていると、おしりの骨盤が後ろに傾いてしまい、ボコッと出っ張ってしまうといわれています。出っ張りを解消するためには、筋力を上げること♪

肩幅よりもやや広く足を開いて立ち、おしりの両頬に手を当てます。
かかとを上げながら、ひざを曲げて、おしりをまっすぐに落とす。
このストレッチを10回ほど繰り返すと、インナーマッスルを強化する効果が期待できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net