どうせ野菜を食べるなら! 美容効果の高い7つの緑葉野菜

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.07.01.Tue

どうせ食べるなら美容効果のあるものを食卓に取り入れたいですよね。お肌の健康に不可欠なビタミンやミネラルがたっぷり含まれる緑葉野菜。調理せず、生のまま食べられるので栄養を壊さず体内に摂取することができるのも魅力的。今日は緑葉野菜の中でも美容効果の高い7種の野菜をご紹介します。

カラードグリーン

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、カラードグリーンは大きな葉野菜で、栄養価が高いことでも知られています。ビタミンだけでなく、葉酸、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれているカラードグリーンは、アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用と豊富な食物繊維によるデトックス効果で美容に欠かせないベジタブルです。

サニーレタス

サニーレタスのβカロチン含有量は普通のレタスに比べてなんと10倍以上! βカロチンは抗酸化作用があるので老化防止に効果的! また、お肌の美容に欠かせないビタミンCやむくみを改善する効果のあるカリウムも豊富に含まれています。

パセリ

レストランなどで付け合わせとしてよく見かけますが、ついつい食べ残してしまいがちなパセリ。パセリにはアンチエイジング効果のあるβカロチンが豊富に含まれています。さらに、ダイエットには欠かせないビタミンB1、美肌効果のビタミンCも含まれています。

チコリ

フランス料理に欠かせない緑葉野菜、チコリ。ヨーロッパでは古くから薬草としても重宝されていた理由はその豊富な食物繊維。チコリにたっぷり含まれる食物繊維には、腸内の老廃物や有害物質を体外へ排出するデトックス効果があります。

ホウレン草

ミネラル&ビタミンをたっぷりバランスよく摂取したいなら、ホウレン草がオススメ。ニキビ予防効果のあるビタミンA、脂肪の蓄積を抑えるビタミンB2、美肌効果のビタミンCが含まれています。

フダンソウ

サラダや炒め物、おひたし、パスタなどさまざまなレシピを楽しめるフダンソウは栄養価が高いことでも知られています。お肌の健康を保ち、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンCの吸収を促進し、コラーゲン育成に役立つビタミンEが豊富に含まれています。また、葉酸やナイアシンなどのビタミンの他に、カルシウム、マンガン、カリウム、ナトリウムなどミネラルもたっぷり含んでいます。

チンゲンサイ

βカロチン、ビタミンC、ビタミンEなど、お肌の美容には欠かせないビタミンを含んでいるのがチンゲンサイ。鉄、カリウム、カルシウムなどミネラルも豊富に含んでいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr