あれ、なんか疲れてない? 疲れ顔、老け顔の原因No.1「お肌のくすみ」が気になったらコレを食べよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.07.26.Sat

電車の窓にうつるドンヤリした顔にドキッ! なんでこんなに疲れ顔なの~と嘆きたくなりますよね。その原因は、顔の「くすみ」にアリ。お肌が黒ずんだり、くすんでいると周りから「今日疲れているね」なんていわれちゃうことも。今回は、顔のくすみを改善する効果のある食材をチェックしてみましょう!

どうして顔がくすむの? 原因は何?

顔色がさえないと感じる「くすみ」。原因はひとつではありませんが、主なものは3つ。1つ目は、古い角質が溜まっていることです。溜まった角質は、分厚くなり肌表面に居座るようになります。お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバーの働きが低下しているときに起こります。角質そのものは少し黒みがかっているので、分厚くなると顔色が暗くなってしまうというわけなのです。
2つ目は、乾燥によるもの。お肌が乾燥すると潤いを守らなくちゃ! と角質が分厚くなりくすんでみえます。3つ目は、血行不良です。睡眠不足や運動不足などにより血流が悪くなると、血色が暗くなります。

くすみ改善効果のある3つの食材

くすみが気になるのは、ターンオーバーが遅れているサイン。効果的な食材を食べて、透明感のある美しいお肌を目指しましょう!

たんぱく質

健康なお肌づくりに不可欠な「たんぱく質」。動物性たんぱく質は、必須アミノ酸がバランス良く含まれていて、お肌を元気にイキイキとさせてくれます。お肉類は脂肪分が多いので、植物性たんぱく質と上手に組み合わせてコントロールしましょう。
肉類、魚介類、卵、乳製品(チーズ、牛乳など)、大豆製品(納豆、豆腐など)に多く含まれています。

ビタミンC

くすみのモトになるメラニン色素の増加を抑えてくれる効果がある「ビタミンC」。酸化からお肌を守り、美肌ケアに欠かせないコラーゲンの生成を促してハリ・つやをアップしてくれます。免疫力アップにも役立ちます。
ブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、キャベツ、れんこん、イチゴなど緑黄色野菜に多く含まれています。

鉄分

酸素を全身に運ぶ成分「鉄分」は、不足するとくすみの原因に。女性の1日の摂取目安は約12mgとされています。月経で失われやすいので、意識して摂取するようにしましょう。また男女問わず、これからの季節は鉄分を失いやすいので注意を! 汗と一緒に鉄分が失われるため、貧血気味になりやすいのです。
レバー、赤み肉、まぐろ、牡蠣、あさり、がんもどき、ひじき、小松菜などの食材に多く含まれています。

まとめ

今日もどんより……疲れて見えたら可愛くない! お肌のくすみを改善してお疲れ顔とお別れしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net