コレだけあれば大丈夫! 5つのスキンケアでお肌のアンチエイジング

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.07.26.Sat

アイクリーム、角栓取りやTゾーンケア……洗面所に並ぶスキンケア用品。過度なスキンケアでお肌に負担をかけていませんか? 肌に負担をかけずに、アンチエイジングを心掛けるには、基本的なお手入れを怠らないことが重要! 今日はアンチエイジングのために欠かせない5つのスキンケアをご紹介します。

お肌にマイルドな洗顔フォーム

洗顔フォームは健康的なお肌を保つのに欠かせないスキンケアアイテム。洗顔にはメイクの汚れだけでなく酸化した皮膚をきれいに洗い流す効果があります。ただし、ゴシゴシ洗いはお肌に必要な皮脂も洗い流してしまうため、乾燥肌やニキビ肌を引き起こす原因に。輝くようなナチュラルスキンを保ちないのなら、洗顔フォームはオイルもしくはクリームタイプがオススメ。もちろんオーガニック商品を選んで、有害物質をシャットダウン!

リンゴ酢の化粧水

お肌の表面のPHはとってもデリケード。間違った化粧品選び、睡眠不足、栄養の偏り、ストレス、公害や紫外線はPHバランスを乱し、お肌のバリア機能の低下を引き起こしてしまいます。化粧水はお肌のPHを保つのに最適! 理想的なお肌の状態はPH4.5~6.0の弱酸性なので、化粧水も同じ程度のPHを選ぶのが効果的です。オススメはリンゴ酢! 水で薄めたリンゴ酢をコットンに染み込ませるだけで弱酸性のお肌を保つ化粧水のできあがり。

ビタミンCでシミ予防

洗顔ファームと化粧水のあとは、ビタミンCを摂取してシミやくすみを予防! ビタミンCのもとアスコルビン酸には、コラーゲンの生成やメラニン色素を抑制する効果があります。アスコルビン酸がない場合はレモン、イチゴなどビタミンCを豊富に含むフルーツがオススメです!

洗い流しが簡単な日焼け止め

シミやシワなどお肌の老化を引き起こす要因の80~90パーセントは紫外線といわれています。そのため、紫外線をカットしてくれる日焼け止めは若々しいお肌を保つには欠かせない存在! ただし、間違った日焼け止めを選ぶとお肌にダメージを与えてしまいます。とくに、ゴシゴシ洗いでなくちゃ落ちないなどの落とし難い日焼け止めは、お肌の皮脂にダメージを与えてしまうので逆効果になりかねません。日焼け止めは石けんや洗顔フォームで軽く洗い流せるものを選ぶのがオススメです。

寝る前の保湿クリーム

シミやシワのないお肌を保つのに保湿はとっても重要。就寝前の保湿クリームは、寝ている間に美容成分をお肌に浸透させてくれるので、朝起きるとお肌のぷるぷるツヤツヤを手に入れることができます。保湿クリームはまず手の平で温めてから全体にまんべんなく塗るのが効果的です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr