これを食べれば美白が叶う? 紫外線ダメージ改善に効果アリの食べ物

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.06.29.Sun

スキンケア、ファッションから紫外線を防ぐと同時に、食べ物からも「インナーケア」ができれば、より美容効果がアップして良い感じですよね。でも「何を食べたらいいの?」という悩みを解決すべく、今回は、栄養学からの学びを生かして、強い紫外線からお肌を守る効果が高い栄養素&食べ物をいくつかご紹介したいと思います!

紫外線によるダメージを防ぐ栄養素に注目!

紫外線を浴びると、体内の老化のもと=活性酸素が増加します。活性酸素は、老化の原因とされていて、シミ、しわ、くすみなどエイジングサインを引き起こすため、酸化を防ぐ「抗酸化作用」のある栄養素を摂ることが大切です。栄養学では下記の3つの栄養素がおすすめされています。

・ビタミンC
・ビタミンE
・βカロテン

など、多く摂るように心がけましょう♪ ビタミンCはビタミンEと摂ることで、相乗効果が期待できます。緑茶や赤ワインなどに含まれているポリフェノールも、紫外線の害を防ぐ効果があります。

ビタミンCを多く含む食品

・レモン
・イチゴ
・グレープフルーツ
・赤ピーマン
・キウイ
・菜の花
・ブロッコリー
・カリフラワー
など

ビタミンEを多く含む食品

・キングサーモン
・アボカド
・アーモンド
など

βカロテンを多く含む食品

・にんじん
・かぼちゃ
・ほうれん草
・小松菜
など

ポリフェノールを多く含む食品

・赤ワイン
・カカオ
・大豆
・緑茶
・ダークチョコレート
など

どれもこれも全て食べるのは難しいですが、できるだけ上記の食品を多く食べるようにしてみましょう。とはいえ、それだけ食べても美しくなれません。食事のバランスも考えて、美肌メニューを考案してみましょう。

シミ・そばかすの色を薄くする栄養素は?

日焼けで一番気になるのはシミではないでしょうか? 紫外線対策で生成を防ぎながら、すでにできてしまったシミ・そばかすを薄くする効果があるとされる栄養素もチェックしておきましょう♪

ビタミンCで美白効果アップ!

美白といえばビタミンC。メラニンの生成をおさえて、メラニン色素を減少させる効果があるため、美白、アンチエイジング、コラーゲンの生成をサポートする栄養素として推奨されています。美肌の大敵「ストレス」にも良いので、毎日の積極的に摂取するようにしましょう!

ビタミンB2で新陳代謝アップ!

シミ・くすみは新陳代謝が低下するとできやすくなります。ビタミンB2には細胞の新陳代謝を助ける働きがあるので、お肌の再生サイクル「ターンオーバー」を促す効果が♪
レバー、うなぎ、納豆、卵、たらこなどの食品に、多く含まれているので、積極的に食べましょう。出来てしまったメラニン色素を排泄して、美白効果をアップさせましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか? これからの季節は、紫外線対策が欠かせません! 毎日のスキンケアを心がけていても油断は、禁物! 外側からも内側からも、しっかりとケアをして、理想の美肌を育みましょう。うっかり日焼けにも、注意してくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net