肩こりは美肌にも悪影響! 女性のライフスタイルに潜むコリの原因とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2014.06.24.Tue

分かりやすい不調があらわれないので、無視してしまいがちな「肩こり」ですが、実はお肌に悪い影響を与える美肌の大敵。肩や首がこっていると、顔への血の巡りが悪くなりお肌に必要な栄養素が届きにくくなるといわれています。とはいえ整体に行く時間もないしという方にオススメしたいセルフマッサージ方法をご紹介します!

まずは、肩こりを引き起こす生活習慣をチェック!

デスクワークによる肩こり

座って仕事をしている時間が長くなると、座るために必要な筋肉を常に働かせることになり、緊張状態が続き、筋肉が疲労しやすくなります。また、パソコンを使う方は、身体の中心よりも頭部が体幹の前方にあることが多いため、頭を支える頸部(首~頭にかけて)の筋肉に負担がかかり、腕の位置を保持するために肩の筋肉が働きます。
同じように家事も、同じ姿勢を保つことが多い作業を続けていると、肩こりにつながります。1時間ごとに15分休憩を取る。休憩をしながら、肩を動かすストレッチをする。などの工夫が大切です。

目の疲労による肩こり

目が疲れてる~と感じる方は、必ずといってよいほど肩こりにも悩まされています。パソコンの画面を一定の距離で見続けることで、目の筋肉が緊張し続けて、目がぼやけたり、目の疲労を感じたりします。また、目のピントを調節する筋肉は、自律神経系の乱れに影響を受けやすいのだとか。さらに、パソコンやスマホの見すぎで「交感神経=身体を活動的にする神経」が優位になると、涙の分泌が減少してドライアイに。血管が収縮して肩こりを悪化させることもあります。目は使い続けずに休ませて、目薬などを使いましょう!

バッグの持ち方にも注意!

女性は腕の筋力が少ないため、重たい荷物を肩で掛けることが多いですよね。バッグを持つ手がいつも同じ場合や片側の肩にかける場合は、筋肉のアンバランスを招き、肩こりの原因になることがあります。肩にかける場合、こりの強い部分にバッグのベルトが当たり続け、肩こりが悪化することも。意識して、逆の手で持ったり、逆の肩にかけたり、時々変えてあげましょう。

ストレスによる肩こり

仕事や人間関係など、日々のストレスをため込むと、自律神経系に悪影響を及ぼし、交感神経(=活動的な神経)と副交感神経(=身体をリラックスさせる神経)のバランスが崩れます。その結果、交感神経が活発化し、血管を収縮させ、血流が悪くなってしまいます。やがては慢性的な肩こりにつながります。ストレスを全く溜めないというのは難しいですが、できるだけ緊張感をほぐしてあげることが大切! まずはしっかり睡眠をとって、リラックスタイムをつくりましょう。

まとめ

女性ならではの肩こりの原因を挙げてみました。その他に「肩が冷える服装」などもあります。夏は露出が増えて、冷房の影響もあり首や肩が冷えるので、血流が滞りがちに。夏場もストールやカーデを持ち歩いて冷え対策してくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net