お肌に負担になっている? リキッドファンデーションorパウダー

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.06.12.Thu

みなさんはファンデーションに何を使っていますか? カバー力の高いリキッドか、さらっとした仕上がりのパウダーか。それぞれメリットはありますが、お肌の負担はどちらが高いと思いますか?

カバー力でお肌を守る

リキッドタイプのメリットはなんと言ってもカバー力ですよね。みずみずしく仕上がり、くすみなどもしっかりと隠せるのが魅力です。肌荒れや肌表面の凹凸も滑らかにしてくれるので、ツルツルな肌を作りたい人はリキッド派が多いのでは? さらに、最近では日焼け止め効果もあるリキッドファンデーションもあるので、メイク時間を短縮できちゃいますよね。

ナチュラルな肌質

軽い付け心地で、あたかも化粧ばっちり! なのを避けたい人はパウダー派ではないでしょうか? 自然な仕上がりは、厚ぼったい化粧にならないので、普段メイクに丁度よいです。また、普段の基礎化粧をばっちり行っておけば、肌に余計な負担をかけずにメイクが完了します。

お肌のことを考えるなら……

お肌への負担がないのは、やっぱりパウダーファンデーションです。いくら紫外線をカバーできるリキッドファンデーションでも、肌への負担は歴然です。パウダーファンデーションは化粧直しもすばやくできるので、外出先で化粧が崩れても、さっとお直しができるもの良い点ですよね。

成分がカギになる

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションは、もちろん使っている成分が違いますが、なかでも注目なのが水です。水はそのままでは腐りやすく、しっかりと防腐加工をしなければなりません。そのためリキッドファンデーションのような水分たっぷりな化粧品は、防腐剤の使用が多く、最近ではミネラル成分と書かれていても、肌には決して良い成分とも言い切れません。少しでも肌の負担を減らしたい人は、パウダーファンデーションやミネラルファンデーションがお勧めです。

しっかり洗い流すためにも

肌にとって1日で一番大事なのは、夜の洗顔です。しっかりとお化粧を落とせないと、次の日の化粧のりも違いますよね。リキッドファンデーションは特に肌に密着した分落ちにくくなります。そこにクレンジングやダブル洗顔をすることで、さらに肌を痛めつけて悪循環になります。もともとの肌をきれいにする方が、お化粧が楽になるのはいうまでもありません。

肌につけるときにも気をつけて!

ファンデーションを塗るときにスポンジやパフ、さらにブラシを使っている人は、それらをしっかりと清潔に保たなければ、肌に負担がかかります。特にスポンジやパフはこまめに変えたり洗ったりしてあげましょう。バイ菌や細菌、さらに肌に残る油分がスポンジやパフに付いてしまうので、バクテリアの繁殖が起こり続けていますよ。実際、スポンジなどは、3、4回使ったら変えるか洗うなどが必要になります。肌荒れの原因にもなるので、お肌のことを考えたら、お化粧道具の清潔を保つことも忘れないようにしてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。