外へ出たらテカリで化粧が台無しに! 春夏の皮脂の予防・対処法とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.05.03.Sat

これからの季節、外に一歩でると暖かくて気持ちが良いのですが、心配なのが皮脂によるテカリや化粧崩れ。皮脂はキレイに仕上げた化粧のすべてを台無しにしてしまいますよね。本日はこれからの季節に必見の、テカリや化粧崩れの予防法・対処法をお伝えしていきます。

テカリの原因を見極めよう!

一日中、全くテカらないという人の方が少ないとも言える日常的トラブルの皮脂。肌がテカるのには原因があり、その原因を見極めることが正しい対策への第一歩と言えます。
テカリや皮脂による化粧崩れが目立つ方の多くはオイリー肌、または乾燥肌です。オイリー肌の場合は、皮脂コントロールアイテムを。乾燥によって皮脂がもっと肌を潤そうと思って過剰に分泌している場合は、保湿効果の高いアイテムを使いましょう。どちらのタイプも化粧アイテムだけでなく、スキンケアも見直してみるのも◎。

テカリや皮脂を抑える化粧の予防法・対処法とは?

朝のメイク時

テカリ部分に念入りの保湿
テカリや皮脂が気になる部分はTゾーン、小鼻の周り、頬などといつも決まっていませんか? 洗顔後の保湿を気を付けることで崩れの根本原因である皮脂を最小限に留めることができます。気になる部分には美容液の2度塗りをしてしっかりと保湿をしてから化粧へ移りましょう。

オイルコントロールで調整
化粧下地はオイルコントロールのものを使用しましょう。皮脂が出たとしても崩れを防止してくれるため長時間の化粧キープが期待できます。化粧下地は極力薄く付けることで過剰皮脂・化粧崩れ予防に。

ファンデーションをフィット
崩れるのを予防するにはファンデーションをいかに肌にフィットして仕上げるか。肌と密着しているほど崩れにくくなるため、ファンデーションをのせたら乾いた手で肌の凹凸に入り込ませるように顔全体を優しく覆いましょう。肌にファンデーションが密着し崩れ対策に。このひと手間が後の化粧崩れの鍵を握ります。

フェイスパウダー
化粧の仕上げには軽くパウダーを。ミネラル入りなどのものだとさらに◎。見た目もサラッと仕上がるためテカリ女子の永遠の憧れ、たまご肌に近づきます。

化粧直し時

脂とり紙は×
脂とり紙は賛否両論ですが、乾燥肌の場合、脂とり紙で根こそぎ皮脂をとってしまうと逆にもっと皮脂が過剰になります。脂とり紙を控え、気になる場合は軽くティッシュオフすることでテカリがおさまります。

フェイスパウダー
ファンデーションをがっつり塗り直すのはテカリ女子にとっては危険行為! あとで崩れ地獄に陥ります。化粧直し時には軽くティッシュで余分な皮脂をオフしてからパウダーを重ねましょう。仕上がり厚塗り感が出なくサラサラをキープできます。

これからの季節、避けられないのがテカリや皮脂。しかし、皮脂は勝手に出てしまうもの。全く出さなくするのは不可能ですが出さないような肌作りをすることは可能です。さっそく一日中サラ肌になれるよう予防・対処法を実行してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/