天気や湿度を考慮してメイクをすると、毎日キレイな私でいられる

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2014.05.31.Sat

まもなくやってくる梅雨。毎日ジメジメして憂うつになりますよね。湿度も高くなり、メイクの崩れも気になってきます。冬の乾燥もつらいけど、夏の暑さや湿気もなかなか大変。不安定な天気のときは気分だって沈みがちになりますが、そんなときこそメイクの力でパワーアップしてみませんか。天気や湿度によってメイクを変えることで、より一層キレイに磨きがかかりますよ。

天気によって合うメイク・合わないメイクがある

メイクはその日の気分やファッション、TPOに合わせるのが普通ですが、じつは天気に合わせることも大切なんです。それぞれの天気に合うメイクって?

晴天

これからの季節は太陽の光も強くなるので、晴天の日はかなりまぶしいですよね。また、照り返しなどもきつくなります。そんなときにラメやパールを使ってしまうと、ギラギラ感が悪目立ちする結果に。余計に暑苦しく見えてしまいますので、夏の晴れの日はラメやパールは控えめにするのがオススメ。ツヤ感もともすればテカリに見える恐れもあるため、ハーフマットな肌などがオススメです。

曇天

肌が一番キレイに見えるといわれるのが曇りの日。きつすぎず暗すぎずという絶妙な光の加減で、肌のあらを目立たなくさせてくれる効果も。くすんだような色もきれいに発色してくれるので、ちょっぴりモードっぽい難しめのカラーメイクなどを楽しむのもよさそう。

どうしても気分が沈みがちな雨の日は、ポップなカラーで元気を出してみては? 晴れの日はなんだかちょっと暑苦しそうに見える赤リップなども、雨の日であればアンニュイな雰囲気が強調されて、ステキに決まりそう。光が弱い分、ダークカラーでメイクをすると顔色が悪く見えてしまうので、明るい色を使うとよさそうです。

湿度対策

これから気になるのが湿度。湿度が高い日はムシムシしますが、その分お肌の乾燥などは避けられます。逆に、湿度の高い日にしっかり保湿しすぎると、メイク崩れの原因になる恐れも。それほど乾燥が気にならないのであれば、湿度の高い日は保湿を抑えめにするなどの対処がおすすめです。また、湿度が高い日はまつ毛メイクを調整しましょう。朝ビューラーでしっかりあげてウォータープルーフのマスカラを塗っても、湿気でカールが落ちてしまう可能性も高いので、それを見越してメイクをするのが◎。あえて最初からまつ毛をあげず、すだれまつげにしいておくのもいいかもしれません。

雨の日は汚れないように白いパンツを避けたり、濡れない靴を選ぶように、メイクだって天気に合わせて変えてみましょう。そうすることでよりキレイに見えますし、その日一日楽しい気分ですごせますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。