実年齢よりマイナス3歳若く見せるための小さな習慣たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.05.08.Thu

最近、30代40代でも年齢を感じさせない人が確実に増えていますね。いわゆる“美魔女”には賛否両論ありますが、やはり自然体で若さを保っている人は羨ましいし、そうなりたいと思います。そこでエイジング(老化)をにぶらせるための小さな習慣をまとめてみます。毎日コツコツと続けることで、かならず効果が実感できるはず。そうした習慣を完全に自分のものにして、まずは実年齢マイナス3歳を目指してみませんか?

習慣1:いつも笑顔を絶やさないようにする

お金もかからない、誰でもすぐにできる“アンチエイジング”といえば、とにかく微笑を絶やさないようにすること。同じ顔でも笑顔のほうが皺も気になりにくく、断然若く見えるといいます。オフィスでも無表情にならず、口角を上げてスマイルを作るようにしましょう。

習慣2:夕食後に軽い“ウォーキング”をする

血糖値が高いと老けて見えるという調査結果がありますが、それは糖分がお肌の弾力性を奪ってしまうからだと考えられます。そこで血糖値の上がりやすい食後、とくに夕食後にウォーキングをすることが血糖値の上昇を抑えることにつながり、アンチエイジングの鍵となるようです。夕食後は食べたものが脂肪として体内に蓄積されやすい時間帯なので、適度に体を動かすことはダイエット面でもおすすめ。毎日15分ほどのウォーキングでも効果がみられると言います。

習慣3:もっとセックスをする

彼とのラブライフが充実している人と、もうずっと“ご無沙汰”続きの人ではどちらが若く見えるか、答えは直感的に分かると思います。セックスはストレスを和らげ、リラックスさせてくれる最高の“セラピー”と考えて下さい。また生理的にも女性ホルモンが刺激され、肌がよりみずみずしく、皺も少なくなる効果があると言われています。気持ちよくて、キレイになって、彼との仲も円満になれる……、これだけメリットがあれば、しないほうがもったいなさすぎます!

習慣4:ニンニクを食べるようにする

女性なら紫外線によるお肌のダメージの恐ろしさはご存知なはず。でもその改善にニンニクが一役買うかもしれません。紫外線に当たるとお肌のコラーゲンが破壊されてしまいますが、ニンニクにはその破壊を食い止める作用があると考えられているのです。緑茶にも同じような効果があると言われています。ニンニクは心臓を守り、免疫力を向上する効果もあるいわば“スーパーフード”。若さと健康のために見逃せない食材なので日ごろから積極的に摂るようにしましょう。

習慣5:1日20分の“瞑想タイム”でストレスをためない

心配、不安、イライラ、ストレスはエイジングを一気に加速させる危険要因です。ストレスを溜め込まないためには毎日20分ほど“瞑想タイム”をつくり、心のデトックスをきちんと行うことです。忙しいときほど、いったん心を空っぽにし、本来の自分を取り戻すべき。“瞑想タイム”に難しいことは必要ありません。部屋を暗くし、静かに座って心身を休ませましょう。もちろんお好みでアロマキャンドルなどを使ってみてもよいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。