今年の夏は素足で過ごそう! 誰でも簡単に足を美しく魅せる4つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.05.14.Wed

太陽がますます元気に輝きだすこの季節。持って生まれた女性のセクシーさを存分に魅せるチャンスです! 今年の夏は思い切ってストッキングもレギンスも卒業して、“素足美人”を目指してみませんか? 今回は努力要らずで簡単に足を美しく魅せる4つの方法をご紹介します。

スキントーンを整えよう

日本ではまだまだ“美白”がテーマですが、肌を見せるのなら真っ白よりも健康的な日焼け肌の方がほっそりした印象に。筋肉の影がはっきり出やすい日焼け肌は、よりスポーティーで引き締まった印象を与えてくれます。とはいえ、日焼けは肌を老化させる美容の大敵! 太陽の力を借りるより、素肌を綺麗に見せてくれるアイテムの力を借りましょう。

お手軽なエアストッキング

お休みの日だけ素足で過ごすなら、エアストッキングや足用ファンデーションがおすすめ。ローションタイプやスプレータイプ、パウダータイプのものなどアイテムはさまざま。傷やくすみはもちろん毛穴もカバーでき、夜のお風呂で洗い流せるお手軽アイテム。ほかの衣類に色移りしてしまわないように、ウォータープルーフ、トランスファー・レジスタント(色移り防止)のものを選びましょう。

長持ちさせたいならセルフタンナー

もう少し効果を長く楽しみたいのなら“セルフタンナー”がおすすめ。もともと日焼けすると小麦色ではなく真っ赤になってしまう白人の女性などに大人気のアイテムでしたが、肌にダメージを受けずに日焼けを楽しみたい! という日本女性のニーズにぴったり合うこともあって、最近では資生堂など国内ブランドからも発売されています。しっかり色がつくまでに8~12時間かかってしまいますが、1度塗れば2~3日色が持続。塗り方によって色のつき方も変わるので、数回塗って自分の好みの色に仕上げるのがポイントです。肌の色を均一に整えることによってより滑らかな肌を演出できます。

お財布に余裕があるならスプレータンニング

エアブラシでカラーを乗せるスプレータンニング。自宅ではなくサロンで施術してもらいます。プロが色を乗せてくれるので、ムラもなく自分の好きな形に(例えば水着を着ていれば、日焼けしたような水着のラインに!)タンニング。また、体の凹凸に沿って濃さを調節してくれるので、陰影がついて引き締まった印象に。もちろん“ガングロ”のような濃い色ではなく、日本人にも似合う自然な色に仕上げてくれます。お値段は全身で5,000~7,000円、足だけなら3,000円程度。施術後1週間ぐらいは色が残るので、より完璧にトーンを整えたい方におすすめです。

日頃のケアも忘れずに!

足を綺麗に魅せるには、もちろん日頃のお手入れも大切。肌を痛め、毛穴を目立たせる最大の原因“むだ毛のお手入れ”の負担をどれだけ減らせるかが鍵となります。どんなお手入れ方法でも、必ず保湿をしっかりとすることを忘れずに。体調の悪いときや、肌が敏感になっている生理中などは特にダメージを受けやすいので、無理せずお手入れはお休みしましょう(そんなの無理! と言う方は、肌への負担が少ないカミソリにしておきましょう)。

今年の夏はあなたの魅力をたっぷり魅せてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。