顔の産毛をなくすだけでエステ後の透明感に!? 産毛オフで素肌美人になろう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.04.16.Wed

化粧ノリが何だか悪い……スキンケアを頑張っているのに肌がくすんで見える……。もしかして、それって「産毛」のせいではないですか? 顔の産毛を剃ることは剃刀負けしてしまったり、毛が濃くなるんじゃないの? と心配している方、その不安を解消して明るい顔色に、そしてビジュアルアップさせましょう。

産毛はなぜないほうがいいの?

顔の産毛は肌を外部刺激から守ってくれるという利点はありますが、それは毎日素肌でいる場合の話。産毛は案外、目立ちます。そして、剃ると濃くなるということもありません!
私たちは毎日お化粧をし、洗顔をし、スキンケアをします。このすべての工程を産毛が妨げている場合も。産毛がない方が密着度が上がり化粧ノリもよくなり崩れにくく、サッパリ洗い流せ、スキンケアもキメのすみずみまで行き届くことができます。産毛を剃るということは、まるでエステ後のような透明感のある肌になり、肌のトーンを明るくし素肌美人に見せてくれる効果が揃っているのです。

剃刀負けが怖い!

ボディで経験者が多いのが、赤くブツブツができてしまったり、ひりひりしてしまったりと剃刀負けのトラブル。剃刀負けを軽減する必須条件はこちらです。

・顔専用の剃刀を使う(ボディ用は使わない)
・シェービングクリームを多めに使う
・剃り終わった後はスキンケア(特にクリーム)で念入りに保湿する
・剃り終わったら冷たいタオルでクーリングする

特にクーリングはおすすめで鎮静作用があるため、赤みやひりひりするのを予防してくれます。また、肌が傷む不安がある方はシェービング専門のサロンや美容室でやってもらうのが確実、そして安心ですよ。

産毛を剃ったら外部刺激から肌を守る!

産毛を剃った後の注意点があります。外部刺激から守る毛を剃ったのですから、今度はその外部刺激を自分で守らなければなりません。
外部刺激とは主にホコリや紫外線など。産毛がないと、より成分が密着し化粧ノリもよくなるのでこれをチャンスとし日焼け止めなど紫外線対策、下地やファンデーションでホコリや乾燥などの刺激から守りましょう。
肌が明るく、キメが整いスキンケアの浸透がアップすることで、角質ケアやパックなどで念入りに汚れや保湿ケアをすればその分、肌はみるみるキレイになります。
外部刺激から肌を守る産毛を剃ることで、より肌がキレイに、そして外部刺激から肌を守るケアも効率よく行なえます。

刃についた産毛を最後にティッシュでふきとりますが、案外の量が付いていて驚くこともあるかと思います。この分、自分の肌は確実に明るくなっているんです。さっそく顔の産毛をオフしてワントーン明るくなった自分に生まれ変わってみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/