女性なら誰もが持っている! 内なる“色気”を引き出す4つのレッスン

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.04.10.Thu

ジェシカ・アルバにアンジェリーナ・ジョリー、映画の中のセクシーな女優にうっとり……同じ女性とは思えない! なんてため息をついていませんか。もちろん顔やプロポーションの美しさも“セクシーさ”のひとつですが、内から溢れ出るような“色気”は女性なら誰もが持っているもの。「わたしなんて……」と諦めるのはもったいない! 今回はあなたの中の“色気”を引き出す4つのレッスンをご紹介します。

セクシーな気分にしてくれるものを見つけよう

お気に入りのリップや、香水、セクシーな下着など、自分をセクシーな気分にしてくれるアイテムを毎日身につけましょう。毎日お化粧に何十分も費やしたり、髪をセットするのに鏡の前で格闘する必要はありません。「これつけると気分があがる~」というアイテムを見つけてくださいね。

照明で雰囲気をプラス

賃貸のアパートやマンションの備え付けの照明は、真っ白な蛍光灯の強い光のことが多いですが、それでは生活感ありすぎ! お化粧をするときや、仕事をするとき以外はなるべく照明を落としてみてはいかがでしょうか。
天井のシーリングライトを付け替えるのは難しいので、せめて蛍光灯の色を真っ白な“昼光色”から暖かいオレンジ色の“電球色”に取り替えるだけでも雰囲気はぐっと変わります。手軽に取り入れられる、スタンドライトやキャンドルもおすすめ。お部屋に妖しい雰囲気をプラスしてみましょう。

自分を喜ばせてあげて!

「彼が喜びそうだから、今日はセクシーなガーターでもつけてみようかな」なんて思い立ってみても、着け心地が悪かったり、自分自身がなんだか落ち着かないようではセクシーな色気を出すことはできません。“セクシーさ”は内から滲み出るもの。誰かのためではなく、まずは自分が「これ素敵!」と思える物を選びましょう。もちろん着心地やつけ心地にもこだわって。「今日こそは!」なんて気合いを入れなくても、自然に生活に取り入れられるようになって初めて自然な色気がまとえます。

“隠す”より“引き出す”服を

「足が短い」「腰回りがどっしりしている」体のコンプレックスを数えだせばきりがないですが、逆にあなたの体の“好きな部分”はどこですか? 服を選ぶ時は、コンプレックスを隠すことを考えるよりも、あなたの体の一番いい部分を引き立たせることにフォーカスしましょう。服のフィット感や裾の長さによって、見た目はずいぶん変わります。「私にはこんな服似合わない」と決めつけず、いろいろな服に挑戦してみて。

溢れる色気で、周りの男性をどきどきさせちゃってくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。