姿勢を正すにはやっぱり腹筋! 腹筋の効果とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.04.02.Wed

猫背な人の印象は、少しだらしのない感じはしませんか? ちょっと気が緩んでいたり、何気なくそこにいるだけでも、姿勢が悪い人はたくさんいます。だからといって常に背筋を伸ばせるか? といったら、それをすぐにできなかったり、一時的には背筋を伸ばせても、すぐに気が緩んでしまいますよね。

腹筋が体を支える

背筋をずっと伸ばした状態を維持するには、腹筋が必要になります。腹筋がない状態で背筋を伸ばそうとすると、背中を反らせ、無理な体勢を取ることで腰が痛くなったり、すぐに猫背にもどったりしてしまいます。お腹に筋肉があるだけで、無理な力を入れずに、背中をピンっとしていても苦ではなくなるのです。

腹筋の効果とは?

腹筋は、脂肪燃焼効果は低いものの、ボディーラインを整えるためや、ダイエットでぽっこりお腹を直すにも効果的です。さらにお腹に筋肉がつくことで内臓を持ち上げ、腸の動きもスムーズにしてくれるので、便秘解消効果もあります。

腹筋のやり方はいろいろあります

腹筋にはいろいろな筋肉がありますが、ボディーラインをきれいに見せる腹筋は、お腹の正面だけの筋肉ではなく、横側にある筋肉を引き締めると、お腹のラインがきれいに入ってきます。正面の筋肉を鍛えつつ、ねじりの入れた腹筋を行うことで、横にある筋肉も綺麗に付いてくるので、ボディーラインを整えたい方は、一緒に取り入れてみてください。最初はきつくても、行っているとだんだんと慣れてくるので、最初は10回、だんだんと増えてきたら50回くらい簡単にできるようになるかもしれません。

腹筋は毎日やっても大丈夫

筋トレなどは週に2,3回でOKなどといわれますが、腹筋は回復力の早い筋肉なので、毎日やっても大丈夫です。しかしあまりやりすぎはよくないので、腹筋は維持していこう! とい程度の気持ちで行ってください。やりすぎるとお腹周りの筋肉が発達しすぎてくびれのない状態になってしまいます。

腹筋が付いてきたらやっておきたいこと

腹筋が付いてきたら、姿勢を正すのも楽々できるようになってきます。しかし、気を緩めると、腹筋がついているのにすぐに猫背に逆戻りです。常に意識した状態を保つために、おへそを後ろに引っ張るようにして、お腹を凹ましておくと、背筋を伸ばした状態を難なく維持できますよ。そうすることで、肩の力も要らず、背中を反らすことなく背筋が自然な形でまっすぐになります。周りから見ても、綺麗な姿勢だね! なんていわれるようになるかもしれませんよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。