季節の変わり目の弱った肌。頑固な肌のゆらぎは肌の芯から改善する!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.04.02.Wed

スキンケアを変えても肌トラブルが改善されない……肌が弱くなった気がする……そんなゆらぎ肌を起こしやすい季節がやってきました。
今回はいつものスキンケアにあることをプラスして、肌を芯から改善するおすすめの方法をお伝えしていきます。

弱っている肌には真皮から改善!

寒い冬から気温が上昇する春の季節の変わり目は、肌のバリア機能の低下、肌が無防備状態になるなどで、トラブルが起こしやすい状態となっています。そんなとき、スキンケアを変えても念入りに保湿をしても改善しないことがしばしば。バリア機能が弱まっている場合、芯から真皮改善をしてあげることが何よりも大切です。

肌を芯から改善する+αを取り入れよう!

ホットグッズ

血行不良が起こるとくすみやたるみ、さまざまな肌トラブルの原因に。アイマスク・首や肩を温めるピロー、蒸熱カイロ、ヘアバンドなどを使用してじっくりと温めてあげることが大切です。温めグッズがない方は電子レンジを使って蒸しタオルを用いるのも◎。ホットグッズで温めて肌トラブルと疲れを同時に解消しましょう。

マッサージ

こちらも血行不良で起こりがちな老廃物の蓄積。オイルやクリームなどを用いてリンパマッサージを取り入れましょう。目の周りはこめかみに流し、頬やフェイスラインは耳の下のリンパへ、最後に首筋を通って鎖骨に流しましょう。リンパに流すことによって老廃物が排出され、血行が良くなることでくすみ改善や化粧ノリのアップ、それだけでなくむくみの改善や小顔効果も。

クリームマスク

乾燥しやすいこの時期には保湿。しかし、念入りな保湿でも乾燥してしまう方も。まずは、クリームマスクで肌本来の修復機能を高めることで、その後のスキンケアの保湿力もアップし、うるおいを逃さない肌にすることが大切。マスクを塗ってラップを貼って洗い流す……という工程が面倒だと思う方はお手軽なシートパックでも◎

ビタミンC美容液

ビタミンC美容液はハリの強い味方! 肌の奥に届くため、肌荒れには強い手ごたえを期待できるでしょう。ゆらぎ肌に多い毛穴の開きや肌のごわつきなどにも効果的です。
食事では今が旬のイチゴ、パプリカやブロッコリーなどビタミンCが豊富なものを積極的に摂ることも内側からのキレイにとって重要です。

季節の変わり目の肌トラブルは意外に頑固。何をしてもダメ! という方は+αにこれらを取り入れて真皮から改善してみてはいかがでしょうか? 少しずつ肌は答えてくれるはずです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/