アイテム、面倒な工程どちらも不要! いますぐできて応用可能な「+5」美容法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

2014.02.21.Fri

「とっても簡単、一手間加えるだけで肌がキレイに!!」という言葉がよく使われますが、その「一手間」が本当に簡単だったらいいのですが、なにか特別なアイテムが必要だったり、面倒なものだったりすると試す気がなくなってしまいますよね。
そこで特別なアイテム、面倒な行程どちらも不要、いますぐできて何にでも応用可能な美容法として「+5」があります!

「+5」美容法って?

名前のとおり、「5回(秒)足す」のです。何を足すか。なんでもいいのです。意識してすぐ実行できるのが強みです。

洗顔の場合

洗顔はすすぎが命。全部泡が流れたかな? と思ったところから、さらにすすぎを5回繰り返しましょう。とくに生え際やフェイスラインがお勧めです。

スキンケアの場合

ハンドプレスを5秒足してみましょう。もう浸透したかな? と思ったところから、さらに5秒手で肌を覆いましょう。

シャンプーの場合

シャンプーもすすぎが命。さてリンスをしようかな? と思ったところから、さらに頭頂部から毛先まで5往復シャワーをかけましょう。

ドライヤーの場合

髪はしっかり乾かすことが大切です。とくに後頭部の部分は乾かしにくいので要注意の場所。もう全部乾いたかな? と思ったときから、あと5秒だけ後ろの髪に風を当てましょう。

ボディマッサージの場合

こちらもしっかりボディクリームを浸透させてあげましょう。そろそろおしまい、と思ったときからあと5回、とくに気になるところをくるくるマッサージ。

メイクの場合

グロスを塗ってメイク終了! そのあとに5秒、鏡をじーっとみてみましょう。コンシーラーのぼかし、マスカラのセパレートができていない部分、リップのはみ出し。これらをチェックして本当のメイク終了にしましょう。

ポイントはすべて「もういいかな」「そろそろ終わろう」と思ったときに、「あと5秒だけ」、「あと5回だけ」と意識するだけ。これはなににでも応用できますね。例えば食事も、「あと5回噛もう」と思えれば、咀嚼数が増えて消化にもいいし、あごを鍛えることにもなります。美容法だけではなく、筋トレや掃除、仕事上でも応用できます。

この「5」という数字は無理せず頑張れる数字でもあります。「まぁ、あと5回ぐらいならやってみるか」という気持ちになる数字ですし、「やりすぎ」にもならない数字です。
たった5秒、5回ではなにも変わらないと思うかもしれませんが、「5回(秒)も追加でやったし」と小さな達成感とともに「きちんとやったぞ」、という自信にも繋がっていきます。意識するだけ、ぜひいまからでもお試しください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/