肌荒れの原因は冷え性かも? 冷えを改善して美肌になった5つのケース

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2014.02.10.Mon

冬の時期の肌荒れ、乾燥だけが原因ではなくて冷えも大きく影響しているかもしれません。まず、体が冷えて血管が収縮した状態が続いてしまうと、末端まで栄養がいかなくなり表面の肌まで栄養が届かなくなりにくくなるそう。
もちろん、冬の乾燥は肌に大敵ですが健康な皮膚であれば多少の乾燥には耐えられるもの。内側からの冷えが原因で栄養不足に陥って肌荒れにつながっているケースもあるので、冷えを改善したら美肌に近づくことも多いようですよ。

体温の変化に注意

お風呂上がりに、素足のまま歩いたり、髪を乾かしている間など足首を出した格好でいたりしていませんか?
寝るまえに入浴される方は特に要注意。足元が冷えてしまうと、寒くてよく眠れずに美肌には良くない睡眠になってしまうことも考えられます。

マッサージを取り入れる

顔のくすみやクマも、血行不良が原因で起きていることがあるようです。お風呂上がりや、お風呂の中でマッサージをしてあげるだけでも巡りが良くなって翌朝のくすみ改善につながりますよ。また、冷えが原因で血行が悪くなったせいで顔がむくむパターンもあります。お風呂でゆっくり全身を温めることとマッサージを取り入れることは大事です。

目元、首もとを温める

使い捨ての目元を温めるパックや、レンジでチンするパックなどもたくさん出ています。目元だけでもいいのですが、首もとの血行が悪いと結局首から上の血行不良につながるので、肩や首も冷やさないようにしましょう。肩こりや偏頭痛、腰痛も冷えと大きな関係があるので、総合的に巡りをよくすることを考えたいですね。

筋肉をつけること

ランニングやヨガを始めたら、冷え性がずいぶん楽になったという女性の声を多く聞きます。下半身の大きな筋肉が付くことで、全身の血流が良くなって冷えが改善されるケースもあるよう。
体力不足、筋力不足に思い当たる点があるのであれば、簡単なストレッチからでもいいので運動を取り入れてみるだけでも変わるかもしれません。

漢方を処方してもらう

婦人科が弱くて冷え性になってしまっている場合などは、専門の漢方医に処方してもらうのも手。飲み続けると体質が改善して、いつの間にか楽になるケースも多いようです。脈や舌の状態を見るだけで体質を診断してもらえるので、あまりにも冷え性が深刻なケースでは、一度専門医に診てもらうのも手でしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子