足がムクミがちなあなたに!ふくらはぎのポンプストレッチでムクミ解消

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.01.26.Sun

女性はホルモンバランスからか、むくみやすい体質の方が多いと思います。毎日座りっぱなしでも立ちっぱなしでもむくむ体をどうにかしたいものですよね。そこで男性でむくみのある人が少ないことに注目してみましょう。

ポンプになっているふくらはぎ

男性は上半身が太っていても、足がすっきりしている人って多いと思いませんか? 男性は女性よりも筋肉量が多いのですが、特に一番大きい筋肉である太ももが、体の代謝をよくしてくれています。さらにふくらはぎは、人間にとって第二の心臓といわれている、ポンプの役目をしてくれているのです。ふくらはぎの筋肉が発達していると、下に溜まってくる血液を上に押し上げ、循環機能の役目を果たしてくれているのです。

むくみは足にくる

午後になるとだんだんとむくんでくる足。靴下の跡がついたり、足首も足の甲もなんだかムクムクしていて嫌になりますよね。女性の場合、脂肪も足につきやすいので、更に水分が下に溜まるとむくみが倍増してきます。もともとふくらはぎに筋肉の少ない女性は、血液の循環も悪いので、むくみやすくなっています。そんな時は男性に見習ってふくらはぎのポンプを使ってみましょう。

ポンプストレッチ

もともと少ないふくらはぎの筋肉を使って、むくんだ足をすっきりとさせましょう。筋肉は使うことで血流の流れを良くしてくれるので、筋トレに励まなくても、むくみを感じたときにサッとストレッチをしてみてください。ふくらはぎをストレッチする方法は、足の爪先をつけたままかかとだけを上に持ち上げ下げる運動を何回か繰り返すだけです。ふくらはぎの筋肉が使われているのがわかってくると思います。バレリーナになった気分で、爪先立ちになり、かかとを上下してみてください。フラフラしてかかとを持ち上げられない方は、壁に手をあてながら、体を支えてバランスをとってみてください。
片足でも両足いっぺんに行ってもどちらも効果があります。ふくらはぎの筋肉が刺激され、血流がよくなりむくみが解消されていきます。

普段は歩く

歩くことは一番の健康法です! ふくらはぎの筋肉は、歩いたり走ったり足を蹴り上げることで発達していきます。有酸素運動で走ることも有効ですが、走り方を間違えると膝に負担がかかるため、注意が必要です。誰でもできる歩くことでふくらはぎの筋肉を使ってあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。