冬の唇はシワシワ梅干し!? プルプルなふっくら唇を呼び戻そう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.12.01.Sun

冬の唇の乾燥、皆さんも一度は経験ありますよね。
唇がガサガサ、シワシワになると自分が不快を感じるだけでなく、見た目までも「梅干し」のように。一度、乾燥して皮が剥けてしまったりすると保湿を頑張っても治るまで時間がかかるうえ、リップメイクがのらずイマイチな仕上がりに。そんな冬の唇の曲がり角を無視してはいけません!

梅干し唇になっていないかさっそくチェック!

・触らなくてもカサツキを感じる
・縦ジワがあり、唇のしぼみ感がある
・リップメイクがのらない
・皮がむけている、血が出ている
・ふっくら感を感じられない
・血色が悪くうるおい感がゼロ

1つ当てはまっていたら乾燥している証拠&梅干し唇の危険信号!
2つ以上ならばあなたは梅干し唇認定!

脱・梅干し唇のスケジュール

スキンケア編

コットンに普段使っている化粧水を染み込ませて、コットンパックを作り唇に乗せ、その上からラップでふたをして保湿をしましょう。唇のパック中は普段のスキンケアを顔に進めていれば時間も短縮でき、効率よくケアができます。
日常ではリップは必須アイテム。おすすめは薬用や保湿力に優れたリップ。食事のあと、乾燥を感じた時にすぐ塗れるようにバッグや身近に常備しておくのが潤い唇さんの常識!
こまめに使い続けることで梅干し唇を改善し今後の予防に繋がります。冬は就寝中に唇が乾燥し翌朝、梅干しになっていることが多いため、寝る前のひと塗りも忘れずに!

食事編

肌の乾燥に良いビタミンA・Cを摂って唇の乾燥からおさらばしたいところ。これらを両方一度に摂れるブロッコリー・カリフラワーがおすすめです。ブロッコリーならサラダに加えたり、カリフラワーなら野菜炒めに加えたりと簡単に調理できる食材なのも嬉しいですね。

入浴編

血行が悪いと唇の色も青紫になるなど、梅干し唇の見た目に歯車をかけてしまいます。そこで血行が良くなる入浴は必須。入浴中に保冷剤を唇にあて、次に温かいシャワーをあてる、これを2~3回繰り返すだけで血流がアップ!
また、シャワーにはタッピング効果もあるため唇の色が復活&代謝がよくなり唇荒れ改善に◎

実は間違いだった編

唇のために、よかれと思ってケアしていたことが実は逆効果…なんてこともあるんですよ。例えば、カサカサ唇にリップを念入りに塗り塗り……ここまではOK。その後、馴染ませるために唇を擦り合わせていませんか? この習慣は摩擦が起きてしまい余計に乾燥させてしまう原因になるので絶対にNG!
また、乾燥すると唇から潤い感がなくなりツヤのないのっぺり唇に。グロスやオーバーリップを塗ってツヤやふっくら感を出したいところですが、グロスの塗り過ぎは唇腺を塞いでしまい、オーバーリップは唇の縁にある皮脂腺を塞いでしまって乾燥の原因になるのでNG!

あなたの唇はいかがですか? いくら肌の乾燥対策、保湿をしていても唇がかさついていたり、縦ジワがあっては台無しです。寒い季節だからこそ、余計に潤いに満ちたプルプル唇が映えるのです。毎年一度は梅干し唇に悩まされるという方は、リップケアについて見直してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/