バッチリメイクでも周りからは老けた印象…その犯人はくすみ肌にあり!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.12.27.Fri

朝から調子が良いのに周りからは「顔色大丈夫?」の声、化粧をバッチリしているのに「寝不足? 疲れてる?」の声。自分では完璧でいるつもりでもなぜか周りからは心配の声が続々……。こんな経験ありませんか? 実はこれ、肌の「くすみ」が原因で顔全体の印象が不健康、老化、疲れているように見えていたのです。

冬はくすみが深刻化するシーズン!

寒さと乾燥が仕事の冬。これらが肌にもたらすのが血行不良です。冬は肌がもっとも血行不良になりやすく肌のくすみもペースアップ。冬のくすみの原因は大きく分けて2つ! それは血行不良と乾燥。さぁ、原因が分かればあとは改善するだけです!

1:血行不良

原因

顔の血液や水のめぐりが悪くなると顔色がさえなく見た目は不健康状態。シワやニキビケアなどとは違い難しいケアなど不要。血行を促進するだけで失われた透明感や明るさを取り戻すことができます。ただし続けることが大切です。

対策

首マッサージ…くすみの血行不良は、肩こりや首が疲れていることでその上の顔に血液が行き渡らなかったり、顔に老廃物が溜まりリンパを詰まらせていることが原因。
まずは首に溜まっている老廃物を、顔のエラ付近から鎖骨へ向かって老廃物を左右ゆっくり流しましょう。気が付いた時や朝昼晩の定期的に肩を大きく回す、首をゆっくり回すエクササイズを取り入れるだけでも、血液の流れは一日総合すると天と地の差。
こまめのケアで老廃物の詰まりは改善できるのです。日中の仕事中などで午後からのくすみが気になる場合は、耳の下にあるリンパを軽く押してあげるだけでも◎。

頭皮のブラッシング…もちろん頭皮マッサージも効果的ですが、忙しい女性は続きません。続けることが大切なくすみケアは、毎日誰もが行うクシで髪をとかす行為にちょっと意識を加えるだけでOK。お風呂上りの身体が温まっているときに頭皮の血液をさらに促進させる「頭皮ブラッシング」を取り入れましょう。
洗髪後、ドライヤーで乾かす際にただ髪をとかすのではなく、気持ちよいぐらいの圧を加え頭皮に刺激を加えたり、タッピングをしたりする頭皮ブラッシングに変えるだけでいいのです。頭皮の血行促進は皮一枚に繋がっている顔のくすみに効果大。

2:乾燥

原因

乾燥によって落ちるべき古い角質が溜まってしまうことも、肌をくすませている原因。たっぷり長持ちする保湿が改善のキーワード。

対策

一日中気を抜かない保湿…乾燥=くすむことを頭に入れ、一日中の徹底した保湿を意識しましょう。朝晩は洗顔後、10秒以内に保湿。時間を置くことは許されません!
そして仕事や外出先などでも潤いチャージは必須です。そんな日中は化粧水ミストがおすすめ。お持ちでない場合は持ち運びできる化粧水とコットンを使って、化粧直し前にタッピングをしましょう。夜はお風呂上がりのスキンケアに加え、就寝前に再びクリームで念入りに保湿をすることで就寝中の乾燥を防ぐことができます。

くすみ肌にはメイクカラーに注意!

くすんでいるかも? と感じたときは下地やファンデーションにピンク系を取り入れて、どんよりした肌をヘルシーなつや肌に改善しましょう。自然に血色感もアップするほか、メイク映えも良くなります。
しかし、チークはピンク系よりもヘルシーなオレンジ系を、頬よりも気持ち高い位置に入れるのがおすすめ。オレンジは元気な印象を与えるほか、くすみを感じさせない血行の良い顔色にすることができます。
そしてくすみには唇の印象も大切。青白い、紫色に変色している……このような血行不良の唇には、赤みの強いリップを加えて血色を与えましょう。禁止はベージュなどくすみを加速して見える色味です。ちょっとしたメイクテクを加えるだけでもくすみを感じさせない肌に仕上げることができるのです。

いかがでしたか? くすみ肌に足りないものはなんなのか、それは透明感!
くすみのケアが分かったところで内側からはマッサージ、外側からは保湿や明るいメイクテクを加えて明るい透明感のあるイキイキ肌を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/