一日中、化粧崩れしない?! 化粧直し不要、美肌キープ術とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.12.19.Thu

皆さんは普段メイク直しを何回されていますか? 3回以上のお直しは厚塗り感が出るうえ、化粧崩れに陥って崩れてはお直しの繰り返しに……。また、お直しは1~2回というかた、優秀です……と言いたいところですが、化粧崩れが怖いので1回に留めているなど、満足いかない理由の場合だと、それはメイク直しをできていないことに……。今回はメイク直し回数が激減、美肌をキープできるメイク術をお伝えいたします。

メイクする前に重要なこととは?

メイクをしながら一日キレイでいるためには、メイクの前のプロセスに鍵が。まずは洗顔後、いつのも化粧水+ローションパックを加えてみましょう。ベースメイク前にローションパックを行なうことで、肌の奥にまで潤いを保持することができ、冬の乾燥によるメイク崩れやテカリ・皮脂を防ぐことができます。ポイントは皮脂の出やすいおでこ・あご、乾燥しやすい目の下~頬にコットンを3分のせましょう。
そして次に重要なのが下地。下地は念入りに顔全体にのせる方が多いですが、下地の厚塗りはメイク崩れを引き起こします。ここでの下地の塗り方は、「顔の中心のみに薄く塗る」「フェイスライン~おでこの生え際には一切塗らないこと」!
メイク崩れしやすいフェイスラインを避けることで一日のメイクのりをアップすることができます。下地は目の下や小鼻のわきなどムラが出ないように均一に塗ることが大切です。

一日中キレイでいられるメイクプロセス!

1…ファンデーション

ファンデーションは「超薄付き」が基本。下地と同じようにフェイスライン~生え際を避け、顔の中心のみに薄く塗ること。ただ下地では塗っていた目の下ですが、ファンデーションの場合は避けましょう。

2…コンシーラー

コンシーラーはみずみずしく伸びがよくて薄膜に仕上がるものをチョイス。ファンデーションを避けていた目の下のクマやくすみをここでカバー。また、シミや小鼻の赤みが気になる場合はファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーで薄くカバーしましょう。

3…チーク

落ちやすいチークは一日に何度も直すうちにコスメ自体の色合いを失い、派手な印象になりがち。チークはクリームチークをベースに仕込んでおくと一日中、肌の内側からふんわり血色がキープできます。ポイントは指でやさしくポンポンと叩くように馴染ませること。
その後、パウダーチークを軽くぼかせば血色アップ&一日キープ! チークはクリーム&パウダーのダブル使いがおすすめですよ。

4…眉

眉が午後になると消えてしまうという経験をしたことはありませんか? 落ちやすい眉は、いつものように全体を描いた後に眉マスカラを加えましょう。ポイントは毛の流れとは反対にブラシを動かして色づけすること。色付けしたら、毛流れに沿って馴染ませましょう。これでメイク直しいらずの一日中きれいな眉がキープできます。

5…プレストパウダー

仕上げにサラサラなマット肌をキープするために、プレストパウダーで締めましょう。少量を顔の中心から、今度はフェイスライン~首までサッと軽くぼかします。皮脂やテカり予防効果もあり、透明感を引きだす効果もあるプレストパウダーは長時間キレイ肌をキープするためにもメイクの最後には必須アイテムです。

これで崩れ知らずできちんと感もあるメイクが完成です。ただ化粧をするだけではダメ! ポイントを押さえて一日中のキレイを叶えましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/