小顔になれる! フェイスヨガのポーズ4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.12.21.Sat

顔のたるみが気になる、以前より一回り顔が大きく見える……、そんな切ないお悩みを皆さん、小顔効果のあるフェイスヨガで、引き締めてみませんか? 普段あまり意識しない顔の筋肉をほどよく刺激し、動かすことでハリを与え、より若々しいフェイスラインをキープすることができるといいます。
お金もかからず、好きな時にリラックスも兼ねて行えるのがフェイスヨガの良いところ、1日朝あるいは夜に15分ほど時間をとって行ってみましょう。

フェイスヨガその1:“サッチョモ”

顎から耳にかけての筋肉を刺激する動きです。お口をぷうっと膨らまし、唇をすぼませて、左右の頬を交互に膨らませてみましょう。口の中の空気がすべて外に出るまで行います。

フェイスヨガその2:“キス”

プルプルの唇を維持するためのポーズ。あたかも大スターになった気分で、周囲に投げキスを送ってみましょう。最高の笑顔で5回ほど行ってください。

フェイスヨガその3:“V”

目力アップと目の周りの小じわを予防するポーズです。
両手でピースを作り、中指を眉間に、人差し指を目尻において目をはさむようにします。そして人差し指で目尻を軽く押します。上を見上げ、大きく目を見開きましょう。その後、リラックスし、上記の動きを6回繰り返します。最後に、目を10秒間ほど閉じて、ゆっくり深呼吸。

フェイスヨガその4:“スマイルスムーザー”

ほうれい線を予防し、頬や顎のラインを引き締めるポーズ。歯を唇で覆い隠すようにして、Oという形に口を開きましょう。そして歯を隠しながら、口を横に大きく開け、微笑むようにします。これを6回繰り返してください。さらに、その微笑みポーズのまま、顎に人差し指をあて、顎を上げたり、下げたりしましょう。これを2回以上繰り返します。

ダイエットにエクササイズが欠かせないのと同様、顔の筋肉だって普段からよく動かし、刺激を与え、血行を良くすることが欠かせません。それによって弾力のあるみずみずしい肌となり、見た目にもいきいきとした印象を与えるのです。
通常のヨガと違い、フェイスヨガならちょっとした休憩時間やオフィスでも気軽にできるので、ぜひ続けてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。