今宵はどんな月? 月の満ち欠けを、美容やダイエットに役立ててみよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.11.02.Sat

月の満ち欠けと女性の体には、密接な関係があるんだそうです。生理のことを「月経」などと表現することからも、つながりを感じますよね。また、「満月は不吉なことが起こりやすい」というまことしやかな言い伝えもあるように、昔から月には影響力があると言われています。そのような伝承を信じる信じないは人それぞれですが、美容やダイエットにも月の満ち欠けが影響しているので、そのサイクルにあわせたお手入れをすると良い、という話もあります。一体どのような影響を及ぼしているのか、詳しくみてみましょう。

月の満ち欠けのサイクルは約29日。生理の周期も約28日とされていますので、バイオリズムは非常に似かよっていることになります。
女性の生理周期が、生理開始~排卵~次の生理開始という流れになっているのに対して、月の満ち欠けは、新月~満月~次の新月というリズムを刻んでいます。

新月

体内の浄化や解毒の効果が高まるとされていますので、半身浴で汗を出したり、マッサージで老廃物を流すなどのデトックスケアが向いています。プチ断食などで、体内デトックスもオススメ。

上弦の月

新月の翌日~満月の前日までを上弦の月といいます。この間は、良くも悪くも溜め込みやすい期間になりますので、保湿系のスキンケアの効き目が高くなると言われています。逆に、体重も溜め込んでしまう傾向にあるため、太りやすくなりますので、食べすぎには要注意!

満月

上記でも触れた「溜め込み時期」のピークとなるのが満月です。吸収が最もよくなるので、エステやパックなど、スペシャルなケアを施すのに最適。体重に関しても吸収のピークです。満月の効果で気持ちが不安定になりやすく、いつも以上に食欲を感じることもあるそうなので、リラックスを心がけると良いみたいです。

下弦の月

満月の翌日~新月の前日までの期間を下弦の月といいます。上弦の月とは逆に、放出の時期となりますので、デトックス系のケアや毛穴・角質ケアなどに向いています。体重も減りやすいとされているので、ダイエットを始めるのも良いでしょう。マッサージやセルライト除去なども効果的です。

もちろんこれらの話は目安であり、そういう説もある、ということなのですが、例えば多少肌あれ起こしたり、体重が増えてしまったとしても、「今日は満月だからしょうがないか」などと考え、いい意味での言い訳に使ってみることだってできます。
信じすぎて振り回されるのは考えものですが、このような考え方を、頭の隅に置いておくのも悪くはないかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。