古いメイクになってない? メイクの事業仕分けのポイント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2013.11.12.Tue

ふと気づくと、メイクってルーティンワークみたいになってしませんか? 朝は時間がなくてばたばたしてついつい手抜きしがち。それって、使わない化粧品をずっと持っていることが原因かもしれませんよ。
まずは手持ちの化粧品を見返してみましょう。

いつ買ったのか思い出せない化粧品がある

3年前に免税店で買ったグロス、などずっと使っていない化粧品がドレッサーの中にあったりしませんか? 微妙な色合いや質感がどこか今とは違っていて、使っても気に入らない可能性が大。あまり古い化粧品は酸化している場合もありますし、思い切って処分を。

付属のブラシやシャドウをそのまま使っている

チークやアイシャドウなど、付属のブラシやチップで使うのと専用の筆やチップを使うのでは仕上がりに差が出ます。道具はいいものを使った方が、腕のなさをカバーできるもの。メイクの腕に自信がない、というのであれば道具をいいものにしてみるのも手です。

眉の形、色が昔のまま

1番時代を反映するメイクは、眉。
眉の形もそうですが、眉を何でメイクするかで何となく違いって出てしまうもの。髪の色と眉の色を合わせないと「古い」印象のメイクになってしまいます。特に、髪が茶髪なのに眉は黒いままだったりすると流行遅れの印象。今は各社たくさんの眉マスカラが出ていますし、使ったことがないなら試してみるのも手かもしれません。

やり過ぎのアイメイク

まつ毛エクステやつけまつげは便利だし人気ですが、今は自然なメイクの方が人気。いかにも! という人工的なまつ毛はあまり男子からも人気はないようです。
また、あまりにも重いつけまつげはまぶたに負担になることもあり、目元の皺やたるみの原因になることもあるそう。やり過ぎない方が吉ですね。
そして、以前流行ったがっつりアイラインも今は流行遅れ。囲み目メイクをしていると古い印象を与えてしまいます。目元側、目尻側、半分だけにするなど抜け感を出すのが今風です。

唇の色に合わないチークと口紅

年齢とともに、残念ながら顔色がくすんだりして合う色は変わります。若い頃と全く同じ型番を使っていると、いつの間に顔の中で色が浮いてしまっていることになりかねません。

手持ちのメイクアイテムを見直して、1点だけでも今年のものを取り入れるだけでも変わりますよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子