女性に大人気、グリーンスムージーのアレンジレシピ4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.11.29.Fri

美容意識の高い人ならすでに常識となっている朝の“グリーンスムージー”。ホウレン草や小松菜といった緑の野菜を季節のフルーツと合わせてブレンドするグリーンスムージーは、美容だけでなく健康にもよいまさにスーパーフードとして定着した感があります。
でも、なんだかいつも同じようなものになっていると、マンネリ化して面白味がなくなってしまいますよね。そこで、同じグリーンスムージーながら少しアレンジを加えたレシピをご紹介したいと思います。その時の気分や、時期に合わせてぴったりのスムージーを楽しんでください!
作り方は簡単、材料をすべてミキサーに入れて混ぜるだけ。朝の忙しいときでも、簡単・手軽にできるのがスムージーのよいところです。

記憶力向上にぴったり!“ブルーバナナ”

・バナナ:1本
・ブルーベリー:250g
・ハチミツ:大さじ1杯
・ホウレン草:半把ほど
・水:750ml

抗酸化物質の豊富なブルーベリーをメインにしたアレンジスムージーです。ブルーベリーには疲れ目に効くことでも知られていますが、記憶力の向上にも効果があることが認められています。勉強や仕事に集中したいときにはうってつけのスムージーと言えるでしょう。

美肌効果に優れた“ココナッツチンプ”

・バナナ:1本
・ココナッツウォーター:360ml
・ホウレン草:1掴み分

輝きのある肌を目指すなら、美肌効果のあるココナッツウォーターをベースにしてみて。ココナッツウォーターは低カロリーながら、カリウムが豊富に含まれ血行を良くしたり、むくみを解消する効果があると言われています。海外でもミランダ・カーをはじめ、多くのセレブたちが愛飲しているという天然の美容ドリンク。よりミルキーなテイストがお好みの方はココナッツミルクで試してみてもよいでしょう。

生姜のパンチが効いた、オリエンタル風テイスト!“ジンジャーニンジャー”

・バナナ:1本
・リンゴ(一口大にカット):1個
・スライスした生姜:1かけ
・ホウレン草:2掴み分
・水:750ml

生姜をプラスし、少しスパイシーなこのグリーンスムージーは、免疫力アップに効果的。生姜には体を温め、体の免疫力を高める作用があります。飲み続ければ、冬でも風邪知らずの体質になれるはず!!

グリーンスムージーは材料をいろんなコンビネーションで組み合わせられるのが大きな特徴。ベースとなる水分も、普通のお水ではなく、豆乳、ココナッツウォーター、アーモンドミルク、オレンジジュース(果汁100%のもの)などを使うことができます。
また、プラスするフルーツも、お馴染みのリンゴやバナナのほか、ストロベリーやブルーベリー、ラズベリー、洋ナシなども向いています。新鮮なものでなく冷凍フルーツでもよいので、ぜひいろんな組み合わせを楽しんでみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。