前髪アリ=若見えとは限らない! 前髪アリ・ナシは顔のつくりによって決めるべし!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.10.31.Thu

前髪を作るか作らないかって、意外と悩むものですよね。一般的に前髪アリだと若く、かわいらしく見え、前髪ナシだと大人っぽく見えると言われていますが、この法則は万人に共通するわけではありません。顔の形や骨格、おでこの広さなどによっては、前髪ナシの髪型のほうが若く見えたりもするのです。それでは、その特徴をみていきましょう。

美人系でおでこが広い方は、前髪ナシが若く見える

顔のつくりが美人系や大人っぽい場合、前髪ナシにすると余計大人っぽい雰囲気になり、老けて見えそうな気がしますが、意外にも前髪ナシでおでこを全開にしてしまうほうが、若々しく見えることが多いのだそう。特にあごがとがった骨格、おでこが広い方などは、その傾向が強くなります。また、前髪をあげておでこを全開にすることでハツラツとした印象になりますので、元気な若々しさが欲しい時などは、ヘアアクセやゴムなどで前髪をまとめてしまうのもオススメ。

童顔・色白・おでこが広い方は、前髪ナシでも若く見える

童顔の方が大人っぽく見せたい場合、前髪ナシの髪型を選ぶ事も多いと思いますが、色白・おでこが広い・黒髪・センターパートといった要素が揃うと、これはこれで若く見えてしまうとのこと。髪が長かったころの蒼井優さんをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。このタイプだと、前髪があってもなくても基本的には若く(幼く)見えてしまう傾向が強くなりますが、髪色を明るくすると、黒髪の時よりは少女っぽさが弱まったり、斜め前髪にすることで大人っぽく見せることができるようになります。

おでこの狭い方は前髪を深めに作る

おでこが狭い場合は、顔のつくりがカワイイ系でも美人系でも、前髪を作るほうが無難に決まります。できるだけトップ(つむじ)に近い部分から前髪を下ろして、深めに前髪を作ると、おでこの狭さが軽減されるのでオススメです。

前髪のアリナシを判断するには、おでこの広さに注目するのも大事なポイントといえそう。また、年齢の変化によって見え方も変化しますので、若い頃は前髪アリの髪型が似合っていた方でも、現在では前髪ナシのほうがしっくりくることなども大いにあり得ます。前髪をピンで留めて擬似前髪ナシヘアを作ってみたり、逆に伸ばした前髪を額の部分に持ってきて前髪アリの雰囲気を見てみるなど、いろいろと試行錯誤をして、今の自分にピッタリくる前髪を見つけてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。