アンチエイジング効果が高い!! 若さをキープしてくれるお役立ち食材4 選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.10.12.Sat

アラフォー世代でもキレイな人をたくさん見るようになりました、年齢がいっても若々しく、美しくいられることを彼女たちは証明してくれています。でもそのためには、日ごろからの心がけが大切。ライフスタイル全般について言えることですが、なかでも毎日の食生活は非常に重要と言えるでしょう。そこで体内の細胞を老化現象から守るアンチエイジング効果の高い食材をあつめてみました。

クレソン

サンドイッチの付け合わせによく見られるクレソン。あまり存在感のあるほうではありませんが、実はものすごいアンチエイジング効果があることが最近分かってきました。特に注目したいのは、フェニルエチルイソチオシアネート(PEITC)と呼ばれる物質で、ガン細胞の成長を抑制、あるいは破壊する作用があることが認められています。また、喫煙による細胞のダメージを素早く修復する効果も判明しています。細胞レベルでアンチエイジングを発揮する“スーパーフード”と言えるでしょう。

シナモン

アメリカではアップルパイとの組み合わせが定番のシナモン。シナミック(桂皮)アルデヒドという物質が、DNAレベルで細胞を老化現象から守っていると言われています。この物質がNRF2 という保護因子を誘発し、細胞核の内部で抗炎症作用のある酵素を生み出す遺伝子を活性化するメカニズムが解明されつつあります。この保護因子による働きはとくにお肌にも重大なダメージをもたらす環境的ストレス(紫外線や大気汚染など)から細胞を守る効果があると考えられるのです。
またシナモンには特有の甘い香りがあり、お菓子など甘いものが食べたくなった時にシナモンの香りを嗅ぐことで誘惑を抑える効果もあります。チャイティやシナモントーストなどでぜひ楽しんで味わってください。

緑茶および紅茶

緑茶や紅茶には抗ガン作用のある抗酸化物質が多く含まれるだけでなく、新陳代謝を促し、脂肪の吸収を抑える働きもあります。また、エピガロカテキン没食子酸塩(EGCG)という物質にはコラーゲンの縮小を防ぐ働きがあり、その結果お肌のシワやたるみを防ぐことにもつながります。

カカオ

これからだんだん涼しくなってくる時期、寒くなってくるとココアが恋しくなってきますよね。そんな皆さんに朗報。ココアの原料となるカカオにはスーパーフードと呼ばれる緑茶、ブルーベリー、赤ワインにも勝って抗酸化物質が豊富と言われています。その一種であるフラボノイドは体内でプロシアニジンB-2というものに変換され、脳細胞を炎症から守るなど好ましい働きをたくさんするのです。
さらに女性として見逃せないのが、お肌への効果。このプロシアニジンB-2はコラーゲンが縮小する作用を抑制してシワを予防し、また細胞の自然死を回避する働きもあるのです。
ココアを選ぶときは糖分添加が少なく、カカオの純度が高いものを選んで、その恩恵を十分得るようにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。