30代後半からは夏明けの目元にご用心! 目元が加速して老化する??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.09.03.Tue

夏の疲れは顔で言うと一番どこに出やすいと思いますか? それはずばり目元! 目元の皮膚は薄いため、紫外線などの外部刺激を受けやすいデリケートな部分でもあり、ケアをしにくい場所。そんな目元は夏の終わりに加速して老化しやすいのです。

夏の終わりの目元の老化が加速するわけ!

目元のシワやクマがあるのとないのでは、見た目年齢が10歳も違うと言われています。先ほど、目元に夏の疲れが出やすいとお話ししました。目元の皮膚が薄いことのほかに加齢による目元のたるみや小じわに加え、紫外線やエアコンの乾燥などの夏の肌疲れによってそれがさらに黒グマやカラスジワにバージョンアップしてしまうため、一気に目元の老化が加速してしまうのです。

カラスシワの正体とその対処法は?

カラスジワとは笑った時に、目尻にカラスの足跡のようなシワが刻み込まれてしまう深いシワのこと。このようなシワは紫外線や加齢により、コラーゲンが劣化してできる表情ジワ。特に夏は紫外線のダメージにより、毎日のケアを怠ると小ジワがカラスジワへと変化して深く刻まれてしまう可能性が高いため要注意!
それを防ぐには、目元の古い角質を取り除くこと、紫外線などで乱れたターンオーバーを正常にさせること、目元の代謝を上げてコラーゲンを増やすことが大切。それができる優秀コスメがピーリング。小ジワやカラスジワを防ぐためには、デリケートな目元にも刺激がないマイルドタイプのピーリング剤でのケアが重要。週に2~3回のケアを習慣付け、常に目元に古い角質を残しておかないこと! ピーリングをすることで、アイクリームの浸透も高まるため効果を発揮しやすく、先の老化を防ぐことができます。

黒クマの正体とその対処法とは?

黒クマとは、目元のたるみが影となって「クマ」として涙袋の下に出現してしまう目のたるみのこと。下まぶたの薄い皮膚は加齢によりさらに薄くなり、弾力を失います。そしてたるんだ脂肪を支えられなくなって前にせり出したように膨らんでくる…この膨らみの下にできる影が黒クマなのです。
ほかにも原因は夏に冷たいものを大量に飲んだりし、代謝が悪くなり老廃物によるむくみや暑さで睡眠が不十分になり寝不足によるむくみなども挙げられます。黒クマはたるみが原因のため、改善しにくく見た目までも老けさせてしまう厄介な老化問題。
それを防ぐには、目元のむくみを取ること、筋肉を鍛えることが大切。アイクリームを塗るときは力が入りにくい薬指で軽くタッピングしながら行いましょう。目のまわりにはたくさんのツボがあり、血行も促進されむくみも改善されます。
また、筋肉強化も大切。朝起きた時や寝る前に目元のたるみを防止する筋肉運動で、目を思いっきりギュッと閉じて思いっきりパッと開ける運動を繰り返し目元の筋肉にアプローチしましょう。即効性が期待できるため、毎日の継続したケアがとても大切になっていきます。

いかがでしたか? 目元の小ジワやたるみはなかなか改善しにくいカラスジワや黒クマにバージョンアップ! 秋に入ったときには見た目年齢がグンっと下がっていた! なんて後悔をする前に早めの対処が大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/