体や顔のたるみの三大原因! あなたのたるみはどのタイプ?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.09.17.Tue

加齢と共に訪れる「たるみ」。たるみは顔だけでなくボディラインを崩したりと、見た目を老けさせるなど体全体で阻止したい問題。そんなたるみですが実は種類があります。
それは大きく分けて「皮膚のたるみ」、「筋肉のたるみ」、「脂肪のたるみ」の3種類。これらはそれぞれ原因や改善方法もバラバラ。自分自身のたるみの原因を明確にし、ケア方法を確認することが大切です。
さぁ、皆さんが気になる自身のたるみはどのタイプでしょうか?

加齢によるたるみの三大原因とは!

1…皮膚のたるみ

皮膚の内側はコラーゲンとエラスチンが構造を支えて弾力を保っています。しかし加齢や紫外線などの外部刺激により細胞の働きが弱まり、肌内部の中身が縮み、皮膚が余ってしまいたるみが発生します。
内部がスカスカになっている状態なので、コラーゲンがどんどん作れる肌になる必要があります。 コラーゲンを作るためには、何よりも食事がとても大切です。そんな食事のポイントとなるのがこの3項目。

・お肉やレバーなどでコラーゲンそのものを補う
・コラーゲンを作り出す細胞に必要なビタミンCを摂る
・肌を柔らかくするa-リノレン酸を摂る

これらを心掛け、内部のスカスカをコラーゲンで満たし、ハリのある肌を。そして、たるみの原因の外部刺激の代表とも言える紫外線をUVケアでとことん防ぐことも大切です。

2…筋肉のたるみ

筋肉は加齢とともに年々衰えていくほか、運動不足やホルモンの低下、栄養障害などで筋量が衰えていきます。
筋量をキープするにはエクササイズが一番です! エクササイズは成長ホルモンを分泌したり皮膚・骨・筋肉を再生する効果があります。 エクササイズは自宅でできる簡単なものばかり。運動が苦手な方はまずは体を伸ばすことを意識したストレッチから始めてみましょう。
また、最近笑っていないなど、表情を出していない方は表情筋が凝ってしまっているため、大きな口を開いて「あいうえお」と言ってみたりと表情筋を鍛えることも大切。
表情筋は薄くて繊細なのでたるみやすいうえに、一度たるむと改善しにくいので注意です。

3…脂肪のたるみ

脂肪によるたるみは、脂肪が原因でその重みで下垂するたるみ。加齢とともに代謝も低下していくため、年々太りやすく、そして脂肪をコントロールしにくくなってくるのが現状です。
改善方法は一番に食事! ビタミンやミネラルが不足することでもホルモンの成長が衰えるため肥満を招く結果に。食事だけでなく、油物は控え、夕食は20時までに食べるなど自分のルールを作り食生活を見直しましょう。また、自身の基礎代謝や活動量に合った一日の消費カロリーを知ることも大切。消費カロリーを大幅に越えないような食生活にしたり栄養改善をする必要があります。

加齢とともに気になってくるたるみは顔だけでなく、体のラインを崩したりと見た目にも影響が。たるみを食い止めるには、何もしないはNG。自分自身のたるみのタイプを見極めたたるみに逆らう努力が必要です。
努力と言ってもハードなものではなく、どれもちょっとしたことを日常にプラスするだけの簡単なケアばかりなので、誰にでも意識を持てば本日からでも取り入れられますね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/