ヘアオイルで、髪に潤いとコシを取り戻す方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.09.20.Fri

紫外線や汗、夏のさまざまな刺激を受けた髪は普段以上にダメージを受けがちです。ですから、しっかりと栄養分と水分を与えて潤いとコシを取り戻すことがなにより肝心。そんなときのお役立ちアイテムとして注目を浴びているのが、なんといってもヘアオイル。世界中の女性たちから支持を受けているだけに、多くのバラエティに富んだ商品が揃うようになりました。お値段も手ごろで、シンプルケアができるヘアオイルをぜひ使いこなしてみましょう。

ヘアオイルはどうして髪にいいの?

有名なヘアオイルといえば、モロッコ原産で有名なアルガンオイルですが、ヘアオイルとして商品化されているオイルには以下のような栄養分が豊富に含まれています。これらの養分は髪の内側まで届き、健康な潤いとコシを取り戻すのを助ける働きがあるのです。

・必須脂肪酸オメガ6および9
・ビタミンE
・抗酸化物質

また、くせ毛や枝毛の症状を改善するのにも効果的。ヘアオイルをきちんと正しく使えば、髪の健康と取り戻すだけでなく、自然な輝きとツヤを髪に与えることができるとても便利なヘアケアアイテムなのです。

ヘアオイルはどんなふうに髪につければよいのでしょう?

ヘアオイルというと髪がべたついてしまうイメージがあるかもしれませんが、きちんとつければ大丈夫。コツは髪の根元は避け、毛先から真ん中にかけてつけるようにすることです。毛先はもっとも乾燥しやすく、傷みも激しい部分なのでしっかりオイルで保護して養分を与えることが大事。オイリーな髪質の人は、髪の根元は省略してもかまいません。
分量は髪の長さにもよりますが、ミディアムヘアの人でグリーンピースくらいの量が目安。
髪の根元はさらっと軽く済ませたいという人には、スプレータイプのものが簡単でお勧めです。

ヘアオイルといっても、具体的にはどんなオイルがあるの?

もっともポピュラーなのはアルガンオイルですが、ほかにもいろいろなオイルが髪によいと言われています。日本では昔からなじみ深い椿オイル、マカデミアオイル、お肌にもやさしく赤ちゃんのスキンケア用にも使われるスイートアーモンドオイル、ビタミンA、E 、Dが豊富で頭皮にやさしいアボカドオイルなどさまざま。香りなどでお好みのオイルを見つけてもよいでしょう。

ヘアオイルの人気商品といえばこの2つをチェック!

モロッカンオイル
(世界的に人気の高い、ヘアオイルの定番中の定番)
ロレアルミシックオイル
(髪のタイプ別に3種類のオイルが揃った充実ライン)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。