怠りがちなヘアケア。トラブルの多い秋からはこうして美髪へ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.09.22.Sun

肌はスキンケアで念入りにケアをするのに、髪の毛となるとちょっと放置しがち。しかし、第一印象に大切な清潔感や美しさは髪の毛が重要。髪がごわついていたり、傷んでいては見た目はもちろん、自分の印象にも影響が。特に秋は季節の変わり目や夏の紫外線による影響で髪も傷みがちで、抜け毛問題に見舞われます。
顔のスキンケア同様、髪の毛だってしっかりとケアをして、ハリとツヤの溢れる髪の毛を目指しましょう。本日は秋に起こりがちのヘア悩みをピックアップして解消へと導きます!

秋のヘア悩みはこう解消する!

見た目も手触りもゴワゴワヘアー

顔の毛穴はぬるま湯で洗顔し終えた後に最後に冷たい水で洗い流すと毛穴が引き締まるということは知られていますが、実は髪の毛のキューティクルもこれと同じ状態!
洗髪後、ドライヤーで温かい風で髪を乾かした後に、冷たい風で髪の毛をクールダウンさせて開いたキューティクルを引き締めてあげましょう。冷風で仕上げることでキューティクルがキレイに引き締まり、手触りもなめらか、さらにはツヤ感がアップし見た目もキレイに仕上がります。

しょんぼりヘアー

秋は抜け毛が多くなったり、皮脂バランスが崩れて頭皮がべたついたりしがちな方に多いのがしょんぼりヘアー。髪のトップのボジュームがなくなって、ぺたんこに。見た目も気分もしょんぼりですよね。こんな時の対処法は、ずばり、分け目を変えること! 分け目を変えることで、髪の毛の立ち上がりがよくなり、ボリュームアップが即効性で望めます。さらには同じ部分に紫外線や外部刺激にさらされなくなるので、頭皮や髪の毛のダメージも分散することができ、一石二鳥。この秋は分け目を変えてイメチェンしてみませんか?

毛先がボリューミーヘア

なぜか毛先だけいつも広がる、枝毛がある、絡まりやすいといったのが特徴の傷んだ毛先は、広がりやすくはねやすいといった良いとこなしのヘアダメージ。アフタートリートメントが有効ですが、ただ全体に塗るのではなく、「重ねづけ」がポイント。毛先の痛み具合に合わせて、トリートメントの付ける量を調整しましょう。はじめに毛先のみに塗った後に全体に塗る重ねづけをすることで、乾いた時も痛みやカラーの褪色が目立ちにくくなります。

頭皮のコリで髪も顔もしょんぼり

髪の毛もしょんぼり、顔も疲れ顔、この2つに当てはまる方はもしかしたら頭皮が疲れ切っているのかも? 頭皮と顔は皮膚一枚で繋がっているため、頭皮が凝っていると頭皮の血行不良により毛穴を詰まらせたり、薄毛の原因や顔をたるませる要因に。頭皮を労わってあげることで髪の毛にコシが出たり、顔色が明るくなったりといいこと尽くし。
頭頂部を自身で触ってみて固ければ凝っている証拠。理想はこめかみと触れた時と同じくらいの固さです。固く凝っている頭皮だった方はシャンプーの際に頭皮のツボ押しを一緒に取り入れましょう。指先で軽く全体をもみほぐすだけでも血行が促進され洗い流した後は頭皮もスッキリ、顔も引きあがった感が出ます。

皆さんのヘア悩みは何でしたか? 疲れを忘れるイキイキヘアは毎日の積み重ねで育て上げられるのです。
本日から洗顔後のスキンケアが当たり前のように、洗髪中や洗髪後のヘアケアを「たまに」から「毎日当たり前」に変えてみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/