男子の本音!「ワキ毛チラリ女子」に遭遇!!幻滅エピソード 5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

あっ、ワキ毛の処理、してない……。通勤電車の中で気付いても、もうあとの祭り。家を出たところから、生えっぱなしのワキ毛は、意外と見られています。でも、どんな瞬間に見られてる?男性はムダ毛が残っている女子について、どう思ってる?男性が女子のワキ毛を発見したときに、思わず感じたことについて、教えてもらいました。

男性が語る!女子のワキ毛チラリを発見して…

働く一般男性に、女子のワキ毛を発見したときのエピソードについて、話を聞いてみました。

1、女を捨てている

「奥さんがワキの手入れをよくサボります。 その度に『お願いだから女を捨てないでほしい』と話していますが、あまり聞いてくれません。やっぱり女性のワキ毛は見たくないですよ……」(34歳/銀行)

2、野生っぽさが漂う

「1ヶ月の海外出張から帰国した彼女と会ったら、ワキ毛が黒々と生えていて、“野生”を感じてしまいました。1ヶ月ぶりのデートなのに処理しないって、ちょっとひどいと思いませんか」(29歳/エンジニア)

3、美人のワキ毛に幻滅

「会社の美女から書類を受け取ったときに、チラッと見えて幻滅してしまいました。結構狙っていた子なのですが、もうその気はなくしました」(32歳/編集)

4、中途半端な処理は逆効果

「電車のつり革につかまっている女性のワキ毛を見てしまいました。ノースリーブのトップスだったので、見えてしまったんですけどね……。1cmほど伸びた状態に見えました。中途半端な処理ではなく、せっかくならキレイに処理してほしいですね(笑)」(26歳/広告)

5、目の前で処理された

「元カノとのエピソードですが、ワキ毛を発見したので『ちゃんと処理してほしい』と言うと、その場で抜き始めてびっくり。いくらなんでも恥じらいがなさすぎ」(27歳/IT)

男性がキュン!脱毛女子とのエピソード

一方、前出の男性たちに、ワキを脱毛している女子のエピソードについて、話を聞いてみました。

1、いつでもすべすべ肌

「今の彼女は脱毛サロンに通っているみたいで、どんなときでもワキはすべすべ。頬ずりしたくなるくらいきもちいい」(27歳/IT)

2、ノースリーブを着やすい

「彼女は1年前にサロンで脱毛が終わったらしく、今はまったくお手入れもなくて、ラクだと話していました。ノースリーブ率が高くて、二の腕好きな僕は嬉しいです」(34歳/銀行)

3、男の妄想を叶えてほしい

「男ってワキ毛の生えない女性に憧れているんです(笑)。『男のバカな妄想だ』と笑われるかも知れませんが本当です。彼女がつるつるのワキだと嬉しいですよ」(32歳/編集)

人気脱毛サロン「ミュゼ」で美しいワキをゲット!

サロン通い女子のようにラクしてキレイなワキをゲットしたい!そう思う女子は脱毛をプロに任せるのがおすすめです。いま女性たちに人気の脱毛サロンは、全国188店舗を展開する「ミュゼプラチナム」。現在実施中の2015年6月30日までの限定プランがおすすめです。両ワキ脱毛完了コースが、なんと100円に!しかも何度通ってもこの価格!(⇒詳細はコチラから

施術の流れもシンプルです。カウンセリング予約後、カウンセリングを行い、脱毛当日には肌チェック、ジェル塗布、光照射、冷却、トリートメントとワキとビキニラインであれば、1時間程度の施術で終わります。痛みも感じないため確実に続けられます。

さらにミュゼはほかのサロンとは異なり、電話予約以外にWeb予約もできることが特徴。いつも混み合いがちで、イライラしてしまいがちな予約の電話ですが、Webだとストレスフリーなのも嬉しい。ちなみに万一のときのキャンセルもWebででき、キャンセル料もかかりません。
自己処理を続けていると常に気になってしまったり、処理し忘れることがあったり、肌が傷んでしまったりと、残念なことが多いですよね。サロンで施術してもらえば、常に完璧な状態でいられるので安心です。

夏本番はこれから!9月以降もまだまだ暑い日が続きます!もう遅いかも。。。なんて思わうのはまだ早い!

【参考】
9月末まで!ミュゼ「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース 100円!」

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

フリーランスの企画ライター。86年生まれ。
楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。主な執筆ジャンルは、恋愛、Web、ガジェット、新しいモノ、働き方、イケメンなど。
現在はGoogirlのほか、R25、ITmedia、Impress、J-cast、ウレぴあ、gooなど、10媒体以上に執筆中。
著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。
ブログ『Sonoko Blog(http://sonoko0511.jp/)』でも発信中!
  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子