美肌と健康にいかがですか?『夏カレーはじめました』

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.06.04.Tue

暑くなると食べたくなる『夏カレー』。
夏カレーは、夏に必要な栄養が満点なのをご存知でしょうか?夏にピッタリの疲労回復も出来て、むくみも防止、そして美肌にとっても良い料理に!本日は家庭で取り入れてほしい夏カレーをおすすめ具材と共にお伝えしていきます。

夏カレーと普通のカレーの違いとは?

カレーには何ら変わりがないのですが、夏カレーは言葉のとおり、夏を取り入れています。中に入れる具材ですがいつものカレーは定番の肉・じゃがいも・にんじん・たまねぎに対して、夏カレーには夏に負けないスタミナ感を出したり、夏ならではの旬の食材をふんだんに使用したり、香り高いスパイスを使用したり、さらっと仕上げたさわやかなルーも特徴の一つですね。

夏カレーおすすめ健康・美容具材とは?

ナス

夏に紫につややくナスにはむくみ改善、シミの予防、太りにくくなると多種に渡った美容効果があります。また、体を冷やす食材で有名なナスは暑い夏にピッタリ!コレステロール値も下げる働きもあるので老化防止、ガン予防など思わぬ健康面にも効果◎!
また、ナスはほぼ水分で出来ているためカロリーも低くダイエットにも効果的です。そのためカレーに入れる場合ナスは油を吸い取りやすい、とろけやすい特徴があるのでルーを入れる手前で鍋に入れるのがおすすめです。

ピーマン・パプリカ

美白に良いビタミンC、むくみ防止に効果的なカリウムが豊富に含まれており、美容と健康面に良い働きをするこれらは女性なら是非取り入れてほしい食材。そして細胞の活性化に効果的なカロチンも豊富なため、疲労回復はもちろんのこと、これからの季節の夏風邪、夏バテ防止にピッタリです。
また、色とりどりのパプリカで色合いを調整すると見た目もアップし、肌にも栄養満点で一石二鳥ですね。

枝豆

お酒のお供として食すかたが多い枝豆は肝機能を助けてくれることが主な理由ですが、他にも枝豆には小柄ながら栄養がたくさん。タンパク質、ビタミンB1、B2、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれているのです。主に高血圧予防に体の塩分を排出してくれたり、肝機能を良くしてくれたりと健康面に効果を発揮し、夏バテの原因である食欲不振から来る栄養不足の解消にもおすすめです。

アスパラガス

カロチン、ビタミンE、ビタミンCを同時に摂取することが出来るため、抗酸化作用が高く、体の老化防止(夏バテ防止)、シミ予防などの美容に効果があります。
また、赤血球をつくるために必要な葉酸を豊富に含んでいるため、貧血ぎみのかたや妊娠中のかたにおすすめです。

ほたて

栄養ドリンク等でよく目にするスタミナ・疲労回復に役立つタウリンが豊富に含まれています。旬の食材ではないのですが、脱力感のある夏バテ・夏風邪防止にはこれぞという食材で、東北地方では夏カレーにほたてを取り入れるのが定番。
さらに、グリシンというアミノ酸も豊富に含まれており、筋肉を強化し、肌のハリやツヤを保つ働きを持っているので、たるみ防止やアンチエイジングを目指す人におすすめ。健康だけでなく肌にもとっても良い食材です。

トマト

赤い色素成分で有名なリコピンの抗酸化作用などが働いて、健康面では、糖尿病や大腸がんなどの予防、そして美容面では美白作用のほか、コラーゲンの分解を防いで生成を促す働きをすることから、シワ・たるみから肌を守る効果・美肌に保つ効果があり、積極的に摂りたい食材です。

まとめ

これからの季節に夏カレーを取り入れて、旬の野菜たっぷりで健康的に、そして夏バテや夏風邪予防だけでなく、美白や老化防止などの美肌を目指したいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/