今よりさらに白肌になりたい人へ贈る、日焼け止め対策と美白ケアの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.06.07.Fri

冬だろうが雨だろうが、日焼け止めは年中塗らなきゃダメ!なことは頭では分かっていても、太陽が出ていないとつい油断してしまうことも多いですよね。でも、そのちょっとした油断が後々命取りになるんです。また、梅雨が過ぎれば本格的な夏の到来。今年は厳しい暑さになるなんていう情報もあるので、例年以上にしっかりとした日焼け対策が必要になりそう。
そこで、絶対焼かないための効果的な日焼け止めの使い方や、美白コスメの賢い使い方などをご紹介したいと思います。

日焼け止めは重ね塗りが肝!

SPFの数値というのは、紫外線に当たった時に皮膚が赤くなるまでの時間を、どの程度引き延ばせるかを表しています。簡単に言うと、日焼け止めの効果が続く時間ということ。SPF1で20分程度の効果がありますので、例えば日常使いに適しているといわれるSPF 30の場合なら、30×20=600(分)になり、10時間程度の効き目が見込めることになります。
でもこれはあくまでも目安。汗や摩擦で落ちてしまえば全く効き目がなくなりますし、焼けやすい肌質の方や、日焼け止めを薄く伸ばした場合などは、目安時間の半分程度しか持たないという説もあり。
一番効果的な日焼け止めの使い方は、小まめな塗り直しです。最近では日焼け止め効果の入ったフェイスパウダーもたくさん出ていますので、化粧直しと日焼け止めの塗り直しが1度にできて便利ですよ。

美白コスメはW使い!

できてしまったシミを薄くする効果が高いもの、メラニン色素を抑制してシミを作らせない効果に優れたもの、顔全体の色を明るくするものなど、美白コスメにもそれぞれウリがあります。でも女性なら、シミを薄くして、できにくくして、そのうえ顔色も明るくしてくれる商品が欲しいところ。あっちの効果もこっちの効果も欲しい場合は、他社製品を織り交ぜて、美白コスメをW使いしてみてください。
全顔用の美白美容液で顔のくすみとシミの抑制を狙い、スポッツ美白コスメでできてしまったシミを薄くするというように、効果の違うコスメを使い分けることで、より高い美白効果が期待できます。また、他社製品を組み合わせることで、1度に様々な成分を取り入れられ、結果的に多角的なケアができるという利点もあります。

白肌を守るためには、しっかりとした紫外線対策と、悩みにあわせた美白ケアが必須。既にシミソバカスで悩んでいる方はもちろん、今はまだトラブルの無い方でも、ケアをしていて損はありません。備えあれば憂いなし、なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。