正しいクレンジングしてますか?テクニック要らずで乳化しやすさ抜群!セラムデュー「アクアクレンズ」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

スポンサード

自分の肌にピッタリのクレンジングを探すのって難しいですよね。オイル・ジェル・ミルク、いろいろ試す方も多いと思います。そしてクレンジングのキーとなる「乳化」。みなさん、しっかりできていますか? 今回のクレンジングは、その乳化しやすさ抜群のリキッド状クレンジングです!

クレンジングが肌に悪いのは乳化ができてないから

いろいろ種類があるクレンジングですが、よくオイルは肌に悪いと言われます。これはどうしてでしょう?
これはオイルクレンジングそのものが肌に悪いのではなく、正しい使い方をしていないため。メイクとクレンジングが混ざる「乳化」が上手くできないためにメイクが落ちなかったり、逆になじませようと頑張りすぎて摩擦を起こしてしまったり。
ですがこの乳化作業、意外と難しいんですよね。足す水の量はクレンジングによって異なるし、クレンジングが軽すぎて水と混ざらず、そのまま流れてしまったり……。こうしてメイクがきちんと落ちていない、または必要な水分まで奪うことが肌トラブルに。

セラムデューの「アクアクレンズ」はとにかく乳化がしやすい!

今回試したのはセラムデュー「アクアクレンズ」。オイル不使用の美容液クレンジング、リキッド状クレンジングです。含まれている洗浄成分がただの洗浄成分ではなく、粒子がコラーゲンの1/3000、オイルの約1/10という小ささの、アミノ酸洗浄成分。これが毛穴に入り込み、メイクを落としてくれます。アミノ酸が肌の潤いを守りながらメイクを落としてくれるので、つっぱりや乾燥の心配もありません。

乳化が簡単、しっかり水を取り込む

ですが、「肌に優しい」と謳われているクレンジングって本当に肌に優しいだけで、メイクが落ちないことが多いんですよね。
アクアクレンズは乾いた肌に3プッシュ。手に出してみると、ほかのリキッドよりもほんの少し重め。サラっとしすぎず、重すぎずのちょうどいい感じ。顔に乗せてみても油膜感もなく、ニオイもなし。
問題はここから、乳化です!水を少量足し、なじませていくこの作業。少量の水を足していきます。すると、水でクレンジングが落ちることもなく、しっかり水を取り込んでメイクと馴染んでいきます。水を足すとテクスチャがいきなり緩くなってしまうリキッドも多いですが、アクアクレンズはそれがありません。

目で確認!ポイントメイクも落とす

おお?これはなかなかいいんじゃ?と思って手を見てみると、そこにはきちんとファンデーションの色をした液体が!ちゃんと落ちているんだ!と目で確認。さらに、マスカラや口紅などのポイントメイクもしっかり落ちました。前もってポイントメイク落とししなくてもいいんですね。
その後はしっかりすすぎます。このすすぎ中も見てみると、ファンデーション色した水がどんどん流れていきます。ここまで「落ちてる」というのがわかるクレンジングは初めてかもしれません。

使い始めて1週間で、明らかに頬の毛穴の目立ちが少なくなっています。できやすい鼻の角栓も減ってきた実感があります。
これからの季節は日焼けどめを塗るので、メイク落としをきちんとする必要があります。アクアクレンズでメイクをきちんと乳化して落とし、肌を素の状態に戻してあげましょう!

【参考】
セラムデュー「アクアクレンズ」

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/