夏までにきれいな背中を手に入れたい!背中ニキビを撃退する7つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.06.05.Wed

背中のニキビ、気になっている人はいませんか?これからの季節は背中みせを楽しむファッションをしたり、水着を着たりと気になるパーツ。きれいな背中で夏を迎えるために今からできるケアをまとめました。

糖分を控える

ニキビといえばまず気にするのが油分ですが、実はニキビには糖分も影響が大きいのです。糖分は、体内で分解されるときにビタミンB郡を大量に消費してしまいます。ビタミンBは皮脂を分解してくれる働きがあるので、不足すると過剰に皮脂が分泌されて毛穴が詰まる原因に。

よく噛んで食べる

意識して食べ物を噛む回数を増やすだけでもニキビの改善には効果があります。あまり噛んでいない状態の食べ物を飲み込むと、胃の負担が大きくなります。大腸での老廃物の排出がスムーズにできなくなり、毛穴で汗と一緒に排出する負担が増えてしまいます。よく噛むだけでも肌はきれいになります。

髪→体の順に洗う

背中ニキビの原因になりがちなのが、シャンプー、トリートメントが背中の肌に残ってしまうこと。入浴時は髪を洗ってから体を洗うようにして、ヘアケア剤が背中の肌に残らないよう注意しましょう。入浴後は髪をすぐ乾かし、濡れた髪を背中に触れさせないのもポイントです。

つぶさない

もうできてしまっている背中ニキビはつぶさないように気をつけましょう。顔のニキビと同じく、つぶすと跡に残りやすい上、顔ほどこまめなケアをしない分、そのままの状態で日に当たったりするとシミになってしまい、ニキビは治ったのに背中は汚いまま…なんてことにも。

保湿する

できたニキビが気になってピーリングしたり、ゴシゴシ洗うことで、適量の皮脂に守られていた肌のバリア機能がなくなり、ニキビができやすい状態になってしまうことも。洗い過ぎ、洗いっぱなしは厳禁と心得て、保湿を心がけましょう。

肩こりをほぐす

肩こりがなくて、肩甲骨の動きがよいひとは背中のムダ肉や背中の肌荒れとも無縁なことが多いもの。逆に、肩こり持ちの女子は背中に自信がある人は少ないのではないでしょうか。
肩周りをほぐして血行をよくすることで血行不良のせいで乾燥した肌が改善され、ニキビの軽減にもつながります。

シーツ、パジャマは清潔に

寝ているときは思った以上にたくさん汗をかきます。服は毎日着替えても、パジャマやシーツはそうではないという人は、シーツやパジャマも毎日取り替えましょう。特にパジャマは寝るときに背中によく触れるものなので、肌触りがよく汗をよく吸う素材のものを選びましょう。

胸元を見せる以上に上品に色っぽさを出せるパーツが背中。背中が美しい人は美人ども高いですよね。今からしっかり磨いて、夏までに自信を持って出せる背中を手に入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019