夏の肌トラブル事情。スキンケアで改善しよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.06.08.Sat

これから訪れる夏にどっと増えるのが『紫外線』に加え、肌からは『汗』と『皮脂』。これらの対策をせずに、今までと同じスキンケアをしていては夏の肌トラブルは改善できません。
本日はそんな夏にまつわる肌トラブルを改善すべくありがちな悩みと改善法についてお伝えしていきます。

夏のありがち肌トラブルと改善法とは?

紫外線を浴びてしまう季節の基本のケアは?

まずは紫外線を浴びた日焼け直後はクーリングが先決。冷やしたシートマスクもおすすめです。赤みが引いてきたら刺激の少ない美白ケアが◎。
この時期は、スキンケア用品を常に冷蔵庫に冷やしておくのが良いでしょう。気温の高さにより、毛穴も開きがち、肌もたるみがちになるので、冷たいスキンケアをすることで毛穴も引き締まり、キメも整いやすくなります。

紫外線によるシミ・そばかすが怖い!

ぼんやりとしたシミが出てきた場合、美白美容液を。最新のものが頼りやすいです。美白すると決めたら、ライン使いをすると効果が分かりやすいのでおすすめ。
また、紫外線は蓄積されていくので、何年後かにシミ・ソバカスになることも!しかし、それを防ぐことも可能です。紫外線を浴びてメラニンが作られ、それがターンオーバーで自然にはがれ落ちればシミとして定着はしません。美白だけでなく、外へ追い出す排出(角質ケア)も大切です。

日焼けのせいで肌に色むらを感じる…

色むらの原因は、日焼けをして、通常均一に剥がれ落ちるべく角質が、疲れた肌にありがちなターンオーバーの乱れにより、ランダムにボロボロ落ちていることで、顔全体に色むらを感じます。このような状態になる場合、肌が疲れている証拠!しっかりと十分な保湿を行い、肌のターンオーバーの乱れを整える角質ケアをしましょう。

肌がごわつく、毛穴がざらつく

肌がごわついていたり、ざらつきを感じているのなら、古くなった角質が肌表面にたまる角質肥厚の可能性大!角質肥厚になっていては、どんなにケアしようともスキンケアが内部に浸透していきません。
強すぎない、肌に合った角質ケアを行って肌の代謝をアップしましょう。スチーマー等で肌を柔らかく、なめらかにすることも大切です。

この時期ハリがなくなって肌がしぼんだ気がする

紫外線ダメージや保湿不足によるところが大きく、肌が弱っているのが原因です。肌のハリや弾力を取り戻すには、肌力やコラーゲン再生を高めるエイジングケアのコスメに注目すると良いでしょう。また、いつものスキンケアを長めにしたり、週1のパックを週2に増やすなどして工夫をし、しっかりと保湿し、内側からのみずみずしさを取り戻せばハリも出てきます。

このような悩み、夏になると一度は経験したことがありませんか?
紫外線を浴びたり、汗や皮脂の分泌が盛んな夏は肌の基礎代謝も落ち、トラブルの出やすい状態です。新陳代謝もスムーズに行われず、角質も厚くなり肌の体力もダウン。これからの季節に起こる肌トラブルは放っておかずに、早めの対処が肝心です!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/