小ジワの原因を知って改善・予防を目指そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.06.16.Sun

発見すると気分が落ちる『シワ』。シワのない肌は、パンっとハリと弾力があり、表面はみずみずしく水分がきちんと保たれているのが特徴です。今、自分で自分の顔を鏡で見てみてください。ハリ・弾力・水分はありますか?
本日はそんな小ジワの原因と改善・予防のステップをお伝えしていきます。

シワが出来る原因とは!?

肌の水分量の低下

私たちは年々、加齢とともに肌の水分は少なくなっていく傾向にあります。それと同時に、肌のハリや弾力までもが失われていくため、目尻や目元に出来てしまう『小ジワ』の原因には肌の水分不足が大きく挙げられるのです。まずは、肌の水分を長時間どう保つかがカギとなります。

紫外線による影響

紫外線は肌の表面だけでなく、肌内部にまでダメージを及ぼします。内部の細胞を傷つけ、肌の老化を促進させるのが得意!夏だけに留まらず、一年中のきちんとしたUVケアがカギとなります。

日常生活によるダメージ

肌を老化させてしまう原因は加齢だけではありません。睡眠不足(美肌が作られるPM10時~AM2時の間に就寝する)、肉体疲労やストレス、糖質をたくさん摂る食生活なども立派な肌老化の原因。規則正しい生活をしていないと、肌にダメージを受けやすく、加齢とともに肌に老化としていつしか小ジワではなく、深いシワとして必ず現れてきます。

シワ予防に効く3つのポイント!

1…肌に潤いを与え常にみずみずしい肌へ

ご説明した通りシワの一番の原因は肌の水分不足!化粧水や美容液などで肌に潤いを与え、最後はクリームなどでしっかりと肌に蓋をして肌から水分を逃さないようにしましょう。そして、気を付けるのは肌だけではなく、室内環境も重要です。いくら肌の保湿を頑張っても、部屋の空気が乾燥していては、肌の水分はどんどん失われていくばかり…。部屋に加湿器、ない方は濡らしたフェイスタオル、大きめのコップに水を入れて近くに置いておくなどの対策をしましょう。

2…紫外線対策とUVケア

紫外線を注意するのは夏だけと勘違いしていませんか?一年中、外に出たら私たちは紫外線を浴びて生活しています。日頃から、帽子をかぶったり、UVカットの化粧品を使ったりなどの紫外線対策は必須!
紫外線をたくさん浴びた週は古い角質もたまり、それが深いシワやくすみの原因にも…。ピーリングで古い角質を取り除きましょう。続けることで肌の新陳代謝が促され、小ジワ改善はもちろんのこと、ほうれい線などの深く刻まれてしまったシワの溝を浅くする効果があります。

3…内側から肌に栄養を与える

内側からきれいにするには一番は食事。肌に必要な栄養素を規則正しく摂取していくことを心がけましょう。細胞の酸化を防ぎ、老化防止にもなるベータカロテン(にんじん・かぼちゃ等)・ビタミンC(ブロッコリー・ピーマン・キウイ等)・ビタミンE(うなぎ・たらこ・いわし等)が効果的です!ハリや弾力に必要な肌細胞はスキンケアでは補えない部分です。それらをケアしてくれるのが食事。シワ改善にはスキンケアだけでなく食生活の見直しも重要です。

加齢イコール小ジワではありません。小ジワには、加齢だけでなくこのようなきちんとした原因があっての症状だったのです。このようにケアもとても簡単なもの。日常に注意をはらうことが改善と予防に繋がると言えますね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/