まだ悩んでるの?自己処理 VS 脱毛サロン!ミュゼなら両ワキ+Vライン脱毛がなんと250円

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

来月から本格的な海水浴シーズンが始まります。女子の皆さん、水着になれる準備はできていますか? ダイエットはできていても、ワキやビキニラインの毛の処理ができていないと、せっかくの水着姿もキマりませんよね。そこで今回、ムダ毛についての残念なエピソードを調査してみました。あなたは大丈夫?

ワキ&ビキニラインの残念すぎるエピソード

ワキとビキニラインの処理を忘れていたり、自己処理で済ませていて起きてしまった、残念すぎるエピソードを集めました。

まずはワキから見てみましょう。

1:「バタバタしていたせいで、ワキの毛を剃るのを忘れて、海に行ったことがあります。腕をあげて思いっきり手を振っていると、男友達がギョッとした顔で、こちらを見ていたんです。嫌な予感がしてワキを確認すると、毛がボーボーのままでした。呆然としたのを覚えています」(30歳/IT)
▽ これは悲劇といえるのではないでしょうか。「自己処理忘れ」もよくありますよね。

2:「毛がもともと濃いので、剃ってもあまりキレイになりません。だから海やプールはあまり気乗りしなくて」(26歳/営業)
▽ 剛毛タイプの人の場合、自己処理には限界があるでしょう。

お次はビキニラインについてのエピソードをご紹介。

1:「そんなに面積の少ない水着じゃないし大丈夫でしょとタカをくくっていたら、海でビキニラインの毛がはみ出ているのを発見。顔から火が出る思いでした」(28歳/コンサル)
▽「ハミ毛」は絶対に見られたくないもののひとつですよね。

2:「海へ行く予定ができたので、前日にお風呂場でビキニラインの毛を剃っていたら、手がすべって肌を剃り落としてしまいました。傷になって痛そうだったので、結局海には行けませんでした」(33歳/メーカー)
▽ 自己処理にありがちな、危険な事例です。

サロン派女子の声は……?

サロンに通っている女子の話も聞いてみました。

1:「ワキがかなりの剛毛で、剃ると肌が黒々しているように見えていたのですが、すっかりキレイになりました」(31歳/編集)
▽ 黒々とした毛の剃り跡は、やっぱりちょっと恥ずかしい。そんな悩みはサロンで解決しましょう。

2:「自分でビキニラインをキレイに処理するのに限界を感じていました。サロンで施術を受けると、びっくりするくらい美しく、スベスベのビキニラインになります」(33歳/コンサル)
▽ サロンだと、カミソリ負けはもちろん、手が滑って肌に傷をつけることもありません。

3:「水着に限らず、パンツを履いたときでも、毛がはみ出ることに悩んでいたのですが、サロンに通うとボリュームが減り、“剛毛感”がなくなりました。恋人からも『キレイになったね』と言われます」(28歳/保健師)
▽ デリケートな部分だからこそ、サロンで施術を受けるのが安心ですよね。

人気脱毛サロン「ミュゼ」で美しいワキ&ビキニラインをゲット!

サロン通い女子のようにラクしてキレイなワキとビキニラインをゲットしたい!そう思う女子は脱毛をプロに任せるのがおすすめです。
いま特に女性たちに人気の脱毛サロンは、全国188店舗を展開するミュゼプラチナム。現在実施中の2015年6月30日までの限定プランがおすすめです。両ワキ美容脱毛完了コースがなんと100円!何度通ってもこの価格ですよ。(⇒詳しくはコチラから
施術の流れもシンプルです。カウンセリング予約後、カウンセリングを行い、脱毛当日には肌チェック、ジェル塗布、光照射、冷却、トリートメントとワキとビキニラインであれば、1時間程度の施術で終わります。痛みも感じないため続けやすいです。

さらにミュゼは他のサロンとは異なり、電話予約以外にWeb予約もできることが特徴。いつも混み合いがちで、イライラしてしまいがちな予約の電話ですが、Webだとストレスフリーなのも嬉しい。ちなみに万一のときのキャンセルもWebででき、キャンセル料もかかりません。

自己処理を続けていると常に気になってしまったり、処理し忘れることがあったり、肌が傷んでしまったりと、残念なことが多いですよね。サロンで施術してもらえば、常に完璧な状態でいられます。
また、7月以降の水着シーズンになると脱毛をスタートする人が多く、どうしても予約が取りにくくなってしまいます。6月から早めに通い始めて、海水浴やプールに遊びに行く前までに、間に合わせてはいかがでしょうか。

【参考】
11月末まで!ミュゼ「ワキV通い放題+全身から選べる2か所 1,280円」

あわせて読みたい

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子