どんな美人もクサいと台無し!あなたは大丈夫?気になるにおい対策

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.06.21.Fri

気温の上昇だけでなく、梅雨特有のジメジメも手伝って、じっとり不快に感じる日も増えてきました。そんなとき、他人のにおいが気になる、臭い…。そんな風に感じたことはありませんか?人のが気になるということは、自分もそう思われる危険があるということ。いつ接近戦になっても大丈夫!気になるにおい対策をまとめました。

頭皮のにおい

毛先はシャンプーの香りでさわやか、でも頭皮はもわっと蒸れて、においが気になる…。そんなときは、頭皮ケアの出番。毎日のシャンプーに、スペシャルケアをプラス。頭皮の毛穴に詰まった脂を除去してくれるマッサージオイルや、ヘッドスパ効果を謳ったシャンプーが発売されています。毎日のシャンプーだけでは落としきれない頭皮の汚れをオフしましょう。また、全体のダメージが気になって、こってりめのトリートメントを使っている人も、頭皮と髪の根元だけはしつこいほどすすぎを。
自然乾燥はにおいの元。きちんと乾かしましょう。乾かすときも頭皮の方から手早く乾かすことで不快なにおいを寄せつけません。

足のにおい

「足が臭い」なんて女子失格!とはいえ、きちんと感のために一日中パンプスを履いていなくてはいけないなど、仕方ないケースもありますよね。パンプスを履くなら面倒でもナチュラルストッキングを履く、通気性の悪い合皮のパンプスは避けるなど、一日でコップ一杯はかくと言われる足の汗で、靴の中がつねに湿った状態になるのを防ぎましょう。
さらに、足の指と爪の間に溜まった垢をきちんと取る、においがつきやすい足の角質をオフするなど、においの発生源をもとから断つことで、防臭スプレーなしでもいつでも靴を脱げる足に。

体全体のにおい

汗をかく分、自分の体臭のことを意識する機会も多いもの。全身の体臭を薄くするには、とにかくデトックス!汗をかかない人や、便秘の人は排泄できていない毒素が血液をまわり、全身から体臭として放たれることも。水分をきちんと摂り、運動や入浴で汗をかいて老廃物をきちんと出す、便秘を解消するなど中からのケアが大切です。また、皮脂分泌の多い胸の谷間や、においが強く出やすいと言われる耳の後ろを念入りに洗うのも効果的。
また、体臭かと思ったら服のにおいだったというケースも。この季節、一度着たものは都度洗うのは当然ですが、さらにできるだけこまめに洗濯するのも大切なポイント。一人暮らしの人など、洗濯物をためておいて週末にまとめ洗いしていると、放置している間に汚れが服の繊維に染み付き、洗っても落ちない微妙なにおいの原因に。シーツやパジャマなどもこまめに洗濯し、汚れた服を放置しないよう気をつけましょう。

どんな美人もにおいが気になるだけで、一気にブスの仲間入り。自分のためだけでなく、周囲のためにもにおいマナーには気を配りたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019