海やプールに行って「ワキ毛」で後悔した女たちのエピソード

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

堂々と水着になれる「美ワキ」の準備、してますか? 暑い季節じゃなくても彼との南国の島への海外旅行などへの旅行では、ワキの処理は必須です。事前に適切な処理をしていなかったために、いざ海やプールに行って後悔した女子たちのエピソードを取材しました。

自己処理の悲劇、続々

「ワキなら自己処理で大丈夫!」「今までもずっとカミソリで処理してきたし!」などと、適当な自己処理で済ませていたせいで起こった、残念な話を聞いてみました。

「冬から春にかけては4日に1度ペースの処理で十分だったんです。それに慣れてしまっていて、プールに行く前日に剃らないでいたら、ワキの毛がボーボーに。『ヤバイ!』と思うと腕を大きく動かせず、全然楽しめなかった記憶が(笑)」(27歳/営業)
▽ 毛の成長するスピードは季節によっても異なります。マメにチェックする必要があるのも、ちょっと面倒くさいですよね。

「しばらく恋人もいなかったので、ワキの処理を結構長い間放置していたら、急に海に誘われたので、慌ててカミソリを買いに行ったことを覚えています。女子力が低下しているなと感じました。普通の女子はいつもツルツルのワキなんですよね?」(29歳/金融)
▽ 突然の誘いにも動揺したくないですよね。普段からムダ毛の処理に時間をかけず、すぐに対応できるのが女子の理想!

「ワキの毛がとても濃いです。剃ってもすぐジョリジョリしてくるし、抜くとなくなる気がするけど痛いし、どうすればいいんでしょう。それにワキの黒ずみも気になる。ホントは彼氏に誘われても海に行きたくないです」(32歳/IT)
▽ カミソリを滑らせる回数が多ければ多いほど、肌はどんどん弱まってしまいます。肌の傷む自己処理を長く続けていると、ワキの黒ずみへとつながってしまいます。

サロン女子ならラクラク♪ 美生活に密着

一方、自己処理派ではなく、サロンに通っている女子にも話を聞いてみました。

「1年前にワキ脱毛コースが終わりました。ワキの処理をしなくていいのは本当にラク。昔は海へ行く前は必死で自己処理してたけど、もうあんなに面倒なのはこりごり」(33歳/金融)
▽ ワキは水着になるとき以外でも、頻繁に処理が必要なパーツ。その処理がなくなると時間も有効に使えますよね。

「今までワキに悩んで隠しがちでしたが、脱毛をしてからは海でも堂々と水着になれて嬉しいです」(26歳/事務)
▽ 悩みを解消すれば、薄着になる夏をもっと楽しめますよね。

「自己処理だとどうしても肌が傷みますが、サロンでは脱毛しながら保湿も丁寧にしてくれるので、ワキがすべすべになりました」(28歳/広告)
▽ 自己処理だと怠りがちな保湿も、サロンではしっかり行なってくれます。

人気脱毛サロン「ミュゼ」で美しいワキに!

サロン通い女子のようにラクしてキレイなワキをゲットしたい! そう思う女子は脱毛をプロに任せるのがおすすめです。
いま特に女性たちに人気の脱毛サロンは、全国188店舗を展開する「ミュゼプラチナム」
現在実施中の2015年6月30日までの限定プランがおすすめです。両ワキ美容脱毛完了コースがなんと100円!!何度通ってもこの価格ですよ。(⇒詳細はコチラから
施術の流れもシンプルです。カウンセリング予約後、カウンセリングを行い、脱毛当日には肌チェック、ジェル塗布、光照射、冷却、トリートメントとワキであれば30分の施術で終わります。痛みも感じないため確実に続けられます。

さらにミュゼは他のサロンとは異なり、電話予約以外にWeb予約もできることが特徴。いつも混み合いがちで、イライラしてしまいがちな予約の電話ですが、Webだとストレスフリーなのも嬉しい。ちなみに万一のときのキャンセルもWebででき、キャンセル料もかかりません

自己処理を続けていると常に気になってしまったり、処理し忘れることがあったり、肌が傷んでしまったりと、残念なことが多いですよね。サロンで施術してもらえば、常に完璧な状態でいられますよ。

放置したムダ毛。チラっと見られて恥ずかしい思いをする前に。しっかりケアをして女子力アップしませんか?

【参考】
11月末まで!ミュゼ「ワキV通い放題+全身から選べる2か所 1,280円」

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子