シートパックをする時に、知っているとちょっと役立つ豆知識

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.05.07.Tue

日々のお手入れに欠かせなくなった感のあるシートパック。一枚1000円越えの高級品からプチプラものまで、種類も豊富なのでTPOに合わせて様々な使い方ができるのも嬉しいですよね。
そこで今回は、シートパックの効果的な使い方や、パックを顔に貼っている間にできるストレッチなど、知っているとちょっと得をするかも!?といった情報をお届けしたいと思います。

浸透を高めるためには温めて使う

シートパックに限らずですが、コスメ類は温めて使うことでより肌への浸透が高まります。なので、シートパックはお風呂に入り体温を上げ、毛穴も開いた状態で使うのがベスト。また、シートパック自体も温めておくとより一層効果的です。

寝転んだ状態のほうが効き目UP

シートパックは、パックを顔に貼ったまま家事をしたりTVを見たりという、ながらケアができる点も魅力ですが、より効果を求めるなら、仰向けに寝転んだ状態でパックを行ってください。仰向けに寝ることで顔の肉が後ろに流れ、それだけでもたるみ防止に繋がります。ハリUP系のエイジングに特化したパックの場合は、相乗効果が得られるのでオススメです。

ながらでできる、脚と腰のストレッチ

上記でもご説明しましたが、パック中は仰向けに寝転ぶのが一番。とはいえ、パックを貼っている10分・15分を、何もせずボーっと過ごすのもなんだかもったいないですよね。そこで、パックを貼りながらできるストレッチをご紹介します。

脚のむくみに効くストレッチ

仰向けに寝た状態で、壁を使って垂直になるように脚を上げます。パックをしている間、この状態をキープ。下に溜まった血が心臓に戻るので、脚のむくみやダルさが改善されます。

腰痛に効くストレッチ

仰向けに寝て、両膝を折り曲げ、胸の前で抱えます。この状態のまま、体を前後・左右にゴロゴロと動かします。転がりきって横に倒れてしまうのはNG。体を動かして気持ちがいいと感じる程度の角度で大丈夫です。

これからは美白など、シートパックのお世話になるシーンも多くなってきますので、参考にしてみて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。