ピーリングって怖くないの?ピーリングの種類を知って肌に取り入れよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.24.Fri

紫外線が強い季節の、放っておく肌は枯れ葉状態!ざらつき、毛穴の開き、日焼けによる皮剥け、くすみなどなどまるで、水分を失ってしまった干からびた枯れ葉状態。見た目はそうは見えなくても、肌年齢は老化加速中なんてことになっているかも?そんな枯れ葉肌を改善するのにピッタリのピーリングについてお伝えしていきます。
ピーリングを日頃から行っている人もこれを機に行う方も、ピーリングの効果や肌の枯れ葉を作ってしまったターンオーバーの乱れについて一緒に学んでいきましょう。

ピーリングって肌を剥がすの?

加齢が進む私たち人間ですが、美意識の高い方は既に定期的のピーリングを取り入れている方もいらっしゃるようですが、実際、私の母や友人にピーリングについて話したところ『肌を剥がすイメージがあるので怖い…』と言われました。確かに肌の皮を剥がすイメージではありますが、怖がることではないのです。
そもそもピーリングとは肌を無理やり剥がすものではないということ!肌の接着作用を緩めることによって今まで、へばり付いていた本来すでに入れ替わって良いとされる肌が自然と剥がれ落ちてくれるというもの。簡単に言うと、新しい皮膚に覆いかぶさっている古い皮膚だけを取り除いて新しいものだけを残し、古いものだけを取り除くというイメージです。

ピーリングをすると肌が若返る?

さて、一番気になるのがピーリングの効果。正常な肌の方はターンオーバーといわれる肌が入れ替わる時期が28日周期とされています。しかし、そうでない肌トラブルがある方はそれが40日周期…それ以上かかるとも言われています。このような状態を放置していると、肌に古い角質が溜まり、肌が固くなったりそれが肌のくすみを起こしたり、皮膚表面がザラザラするようになったり、毛穴の開きが目立ってきたりと、肌にとっては本当に悪影響でしかありません。ピーリングをすることで正常な肌周期になり、ざらつき、毛穴の開きなどといった肌トラブル知らずになることで肌が若返ると言われているほか、固くなった皮膚に溝ができて起こるシワの予防やくすみ改善などの効果から、見た目年齢も若々しくなるという効果も期待できそうです。

ピーリングの種類とその効果

ピーリングの種類は主にアルファヒドロキシ酸の略のAHA・ベータヒドロキシ酸の略のBHAがあります。どれも古い角質を取り除くものになりますが、種類によって効果や強さが異なるため、自分に合ったものをチョイスしましょう。
まずAHAから

AHA

・リンゴ酸
…リンゴに含まれており肌にマイルドなため、よく化粧品に取り入れられています。ピーリング初心者におすすめです
・クエン酸
…レモンや柑橘類に含まれており、肌に優しく穏やかな作用なのが特徴
・乳酸
…ミルク等から抽出され、剥離効果が穏やか
・グリコール酸
…もっとも一般的なピーリングで、皮脂分泌の抑制効果もありま

BHA

・サリチル酸マクロゴール
…角質だけでも作用することから、美容外科や皮膚科などで主流に用いられています
・サリチル酸エタノール
…浸透力に優れており、真皮まで作用するため、強めのことから日本人の肌向けにはされていないので注意

このように日常に取り入れやすい初心者にはマイルドタイプのAHAがおすすめです。慣れている方もいつもとは違った種類に挑戦してみるのもまた違った効果を実感でき、良いでしょう。
初めは週に1回程度、短い時間から開始し、ターンオーバーを正常の28日周期に戻してあげましょう。続けることで肌の変化を感じていただけるはず!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/