にきびにもう悩まなくて済む?にきびの総合案内!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.20.Mon

皆さんが日ごろ悩んでいる肌トラブルには色々な症状がありますが、中でも『繰り返し出来やすい』『治りにくい』『広がりやすい』が特徴のにきびや吹き出物は特に気になる症状であります。にきびは若い思春期に多くみられますが、大人になった私たちもにきびや吹き出物は常に隣り合わせな肌トラブルです。

そもそもなぜにきびはできるの?

にきびは、皮脂が過剰に分泌して角質とともに毛穴に詰まり、そこに皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまうこと。ひどくなると化膿することもあるので注意。
皮脂の分泌が増えるのは、ホルモンバランスの変化が原因とされており、生理前や環境の変化、不規則な生活などに起こりやすくなります。また、ストレスや睡眠不足、便秘などもにきびの引き金となります。

にきび対策の総合案内!

スキンケア・メイク編

スキンケアでのにきび解消には、洗顔で皮脂を丁寧に落とし、肌を清潔に保ち、適切なスキンケアを行うことが最も大切。メイク汚れの残りが絶対にないようによくすすぎましょう。スキンケアでは、殺菌作用のあるローションや美容液などがおすすめです。逆に油分の多い美容液や乳液は避けましょう。

メイクでは、ファンデーションを厚塗りしてにきびを隠そうとするのはNG!かといってノーメイクで過ごすのは紫外線を直に浴びてダメージを受けやすくニキビ悪化の原因になります。ではいったいどうすればいいのでしょうか。それは、肌の負担が少ない低刺激のコスメやニキビ予防対策のコスメを使ってのUVケア、軽めのベースメイクがおすすめです。そして皮脂がにきび悪化を招くため、皮脂が出てきたと思ったらその都度、優しくティッシュオフをしましょう。
加えて毎日使うパウダーやファンデーションのパフ…。それはいつ洗いましたか?毎日肌に付けているものなのでもちろん雑菌もたくさん。何週間も同じパフを使っているのは、何週間も同じタオルで顔を拭いているのと同様!にきびを広めてしまう原因になります。
パフは使い捨てのものを使うか、最低1週間に一度は簡単な手洗いをして、日光消毒すると良いでしょう。毎日肌に付けるものはいつでも清潔に…!

日常生活にも雑菌がたくさん!

日ごろ毎朝使う洗面台のタオル、お風呂場で使うバスタオル、寝室の枕カバー・シーツなど、顔に触れる日常生活用品にも雑菌が潜んでいるかもしれません。
肌荒れ時に使ったタオルを使いまわしするともちろん、肌から肌へと炎症やトラブルが広がります。肌荒れ時期のタオルやハンカチなど日常品の使い回しは避けましょう。また、寝室の枕カバーやシーツは肌だけでなく髪の毛の雑菌も付着しがちなのでこまめに交換して清潔に保ちましょう。

食事がにきびの改善か悪化の鍵を握る

肌を美しく保つためには
・皮膚細胞の形成や働きに関与するビタミンA
・皮膚の抵抗力を強くしてくれるビタミンB6
を積極的に食事に加えることが美肌への鍵!
ビタミンAは、緑黄色野菜・レバー・うなぎなどで野菜の中でも特ににんじん・ほうれん草がおすすめです。
ビタミンB6は魚介・肉などですが、中でもまぐろが豊富。手軽に取り入れやすいフルーツではバナナがおすすめです。肌に良いビタミンやミネラルも積極的に摂りましょう。
そして、にきび・吹き出物を招く油っこい食材、スナック菓子、ナッツ類はほどほどに…。
胃腸の働きがよくないと便秘になり、老廃物を溜めこみ肌荒れを起こしやすいので、食物繊維を積極的に摂って腸内環境を整えることも必要です。

大人になってからのにきび・吹き出物はにきび対策はライフスタイルで改善・予防!日常の中でホルモンバランスが崩れることによってできる大人にきび。にきびが出来てしまったらが、自分の生活習慣、食生活、身の回りの用具などを見回してみることが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/