夏のボディーのあるある!夏ならではのボディーケア!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.29.Wed

これからの季節、夏。肌の露出も多くなる季節ですが、あなたのボディーケアは大丈夫ですか?日焼け後のケアやひじひざのざらつき、サンダルの靴ズレなどなど、毎年夏になると出てくるボディーのお悩みを今年は完全に解消しましょう!

夏にあるある紫外線失敗!

夏に少しでも外出をするのなら、絶対に欠かしてはいけないのが紫外線対策。そう、UVケアですが、どうしても夏はUVケアをしているのにも関わらず日焼けをしてしまうのが実態です。まずは日焼け・紫外線のボディーケアについて。紫外線を浴びてそのまま放っておくと将来、たいへんなことに…。放っておいて後悔する前にリカバーしましょう。

ボディーの日焼け

日焼け止めをしていたにも関わらず、日焼けをしてしまったという方は、まずはその晩、赤みやほてりがあるときは即効クーリングをしましょう。肌がまだ赤い場合は、冷やしてその炎症を抑えることが何よりも最優先!そのあとしっかりとボディークリーム等で保湿を行いましょう。

日焼けからの黒ずみ

日焼けをして放っておいたら黒ずんできてしまったというかたは、角質ケアをすることが大切!ピーリングやスクラブで角質をはがして肌代謝を促すことで、白肌再生に近づけます。ピーリングやスクラブを行った後は必ずボディークリーム等で十分な保湿を忘れずに!

日焼けをして肌がかさかさ

ボディークリーム等でも保湿が可能ですが酷いかさかさにおすすめなのが、『ホットヨーグルトパック』。ヨーグルトを温めると、肌の修復力を高める後押しをする菌が発生。ボディーに塗り約10分放置し、洗い流すことで、かさかさ肌などの荒れた肌の回復を早める効果が!また、ヨーグルトをそのまま食べるだけでも効果があります。

夏のあるある、見られると恥ずかしい部分ケア

サンダルを履いたり、肌の露出が多い夏。ふとした時に靴ズレができていたり、ひじやひざが黒ずんでいたりしたら、すぐ直るでしょ!はNG!毎年抱えがちなこれらは今のうちに正しいケアを学びましょう。

ひじやひざの黒ずみとかさかさ

ひじをついたりすることで、圧迫や摩擦などの刺激が加わり、色素沈着を起こしている状態です。夏は露出が多く特に目立ってしまう時期。このようなひじやひざには、スクラブを使って、色素沈着をした皮膚の角質を取り除くことが鍵!

いろんなところに靴ズレ

足元は特に血の巡りが悪い場所でもあるため、跡が残りやすい特徴があります。マッサージなどで血行を良くしてあげること、ホットタオルで靴ズレ部分を温めることが効果的です。靴ズレを発見したらすぐさま血行促進を。また、膿が出ていないのに消毒を続けると、肌の再生を邪魔してしまい、結果靴ズレの治りを遅らせてしまうので注意です。

虫刺され跡が消えない

これからの時期に増える虫刺され。蚊が血を吸う理由は、産卵に備えて栄養源を補給するのが目的のため、血を吸うのはメスだけです。蚊に刺されやすい方の特徴は、体温が高い、代謝が良い、汗っかき、血液型がO型の方。刺されたらまず冷やすこと。きれいに直したい場合はかゆくなったらかかずに冷やすを徹底しましょう。

夏のボディーの悩みのあるある、いかがでしたか?毎年必ず訪れる季節なので、今のうちに正しい対処法を学び、今年の夏はボディーケアを徹底してみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/