スタイル良く見せるポイントは「首の長さ」と「顔の小ささ」にアリ!顔を小さく見せるコツとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.05.03.Fri

最近では、一般女性であっても、モデルと見紛うようなキレイな人や細い人が多くなっていますが、「首の長さ」と「顔の小ささ」に関しては、やはりプロのモデルは群を抜いています。前回は「首を長く見せるコツ」をお伝えしましたが、今回は「顔を小さく見せるコツ」をお伝えしたいと思います。骨格が違うんだからしょうがないじゃん。と思う無かれ!!もちろん生まれ持った骨格によるところもありますが、小顔に見せるコツは様々あるんですよ。

ファンデーションの色を暗めにする

ファンデーションの色を少し暗めにすることで、顔がキュっと引き締まって見え、小顔効果が生まれます。ファンデーションの色を肌色より暗めにすることに抵抗を覚える女性も多いと思いますが、ハイライトやチークなどを使って、顔の高い部分に光を与えれば、顔色が暗くなったりくすんで見える心配は少なくなります。

髪の毛をタイトにまとめる

顔を小さく見せたいからと、髪の毛でフェイスラインを隠そうとする方がいますが、コレは逆効果になる可能性も。他人の目は、頭全体を含めて「顔」と認識するので、髪の毛のボリュームが多くなると、その分顔も大きいような印象になってしまいます。丸顔やエラ張りなど、どうしても気になる場合は、髪全体はまとめつつ、顔周りにおくれ毛を残すなどの対応が一番スッキリ見えます。

大ぶりのピアスやイヤリングを使う

耳元に大きめのアクセサリーを持ってくることで、対比が生まれて顔を小さく見せることができます。ゆらゆらと揺れ動くものだとなお良し。

ストールなどで首周りにボリュームを出す

首周りにボリュームを持たせると顔が小さく見えますので、ストールを巻いたり、襟の大きなトップスや、フリルのついたものなどを選ぶのも効果的です。

身体を細く見せすぎない

黒い服やストライプ柄などで身体のラインを細く見せてしまうと、その分顔の大きさが目立ってしまう恐れがあるので注意しましょう。

今回は、マッサージなどで「小顔にする」方法ではなく、今すぐできる「小顔に見せる」方法を集めてみました。簡単テクですので、気になる方は実践してみて下さいね。

▽ 前回記事:スタイル良く見せるポイントは「首の長さ」と「顔の小ささ」にアリ!首を長く見せるコツとは?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。