毛穴が目立つと見た目も化粧ノリもNG!毛穴悩み別の対策とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.13.Mon

皆さんはお化粧をして時間が経つと化粧崩れの何が気になりますか?テカリやファンデーションの割れなど様々ですがその原因は実は毛穴。毛穴が詰まっていたり、角質が溜まってざらざらしていたり、乾燥してキメが乱れていては化粧中、肌が息が出来なくなり皮脂コントロールが出来ず、化粧崩れの原因に。
そんな毛穴を根本的にケアをすることによって毛穴が小さくなったり、キメが整ったりとメリットがたくさん。本日はそんな毛穴対策についてお伝えしていきます。

毛穴の悩み別、対処法!

黒いのが特徴のイチゴ毛穴

イチゴ毛穴とは毛穴が汚れきって塞いでしまうことによって、鼻の頭を中心に黒いポツポツとした黒い汚れが出来てしまうこと。これは古い角質や過剰の皮脂などの老廃物が毛穴に詰まっているのが原因ですが、皮脂が詰まった毛穴に空気が触れることにより表面部分が酸化を起こすことで黒くなってしまうのです。このイチゴ毛穴は黒いのが特徴のため、なかなかメイクで隠せないのが難点。このような状態にある方は直ちに毛穴の奥の根本からキレイにしましょう。
対策としてまずは、根本からの毛穴の詰まりを取り除くことが大切!週に1~2回のピーリングやゴマージュをして古い角質や脂詰まりを毛穴の奥からスッキリさせましょう。
また過剰な皮脂が出て、再び詰まりを起こさせないよう、ピーリング後のしっかりとした保湿を行いましょう。きちんと保湿が行われていれば過剰な皮脂を抑えることができるため、毛穴の奥にまで浸透してくれる浸透力の高いもの、保湿が持続するものがおすすめです。

鼻や小鼻のざらつき毛穴

鼻の周りなど鼻を中心に化粧を落としたときに、つるつるでないといけないはずの肌がざらざらしていたら、それは毛穴に老廃物が詰まっている証拠。こちらもファンデーションがノリにくいなど難点が。
イチゴ毛穴と似ていますが、このざらつき毛穴はターンオーバーが乱れ、古くなった角質が溜まっていることがほとんど。イチゴ毛穴の対策と同じくピーリング、ゴマージュケアでターンオーバーを正常化する習慣を付けましょう。また、洗顔の際にぬるま湯で洗い、最後の仕上げに冷水で洗うことで開いた毛穴を引き締めることが出来ます。ホットタオルをして毛穴を開かせ、その後、冷蔵庫で冷やした化粧水で引き締める方法も効果的です。

乾燥による頬の毛穴

空気が乾燥しているところ、エアコンの室内に長時間いることによって肌は乾燥します。しかし、この乾燥のせいで肌のキメが大きく乱れ、毛穴が開いてしまうのです。こんな方の皮膚表面は固くなってしまっているので、スキンケアも肌内部に浸透しにくいことから、乾燥が改善されにくい傾向にあります。
対策として、まずは肌表面の角質をふっくらと柔らかくすることがポイント。乾燥肌の方は化粧水を付けてもすぐにカラカラ肌になりがちなので、いつもの化粧水をコットンにしみ込ませたコットンパックなどをし、3~5分を目安に時間を置きましょう。そうすることで肌表面が柔らかくなるため、そのあとに続く美容液などのスキンケア成分が浸透しやすくなり、肌にうるおいを与えることができます。

化粧崩れしやすい陥没毛穴が気になる

開いて目立ってしまう毛穴の開きや凹み。これらの肌部分はどうしてもお化粧が崩れやすい傾向にあります。しかし、隠したいが一心でファンデーションを厚塗りすると、化粧崩れの原因になり凹みを余計目立たせてしまう原因に。
対策としては、毛穴カバー下地や毛穴隠し、コンシーラーなど毛穴の凹みをカバーするコスメがおすすめです。毛穴カバーは肌との一体感を出すことがとても大切なので、指のはらで少しずつ薄く肌につけていき、しっかりとなじませましょう。毛穴の開きや凹みをカバーするには、ファンデーションはNG!毛穴専用下地でカバーすることが一番のポイントです。

年齢を重ねるごとに毛穴は開きやすく、引き締まりにくくなってきます。化粧崩れが日常になってしまう前に、少しでも気になったら早めの毛穴対策をおすすめします。どの年齢になっても理想のキメが細かいキュっと引き締まった毛穴を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/