誰でも外国人顔になれる!?メリハリ彫深メイク術!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.25.Sat

一度は外国人顔を味わってみたい…そう思ったことはありませんか?しかし、生まれ持った骨格がそもそも違うもの。しかし、諦める必要はありません。今や、メイクで雰囲気も自分らしさも変えられる時代。いつものメイク用品でちょっとしたポイントをプラスするだけで、外国人顔になれてしまうなら実践してみたいですよね!今回は誰でも簡単に取り入れられる立体感の出る彫深メイク術をご紹介いたします。

外人さんの特徴を抑える!

日本人と外国人の違いとは生まれ持った骨格もそうですが、それゆえ立体感の違い。もちろん、日本人にはその良いところがたくさん、外国人にはその良いところがたくさん詰まっています。外国人の特徴は彫りが深かったり、鼻が高かったり、大きな二重目だったりと、もともとの骨格が平面顔の日本人とは違います。しかし、これをシャドーやチークなどのいつも自身が使っているコスメで特徴を引き出すことで外人顔に近づけてしまうのです。

外国人に近づける立体メイク術!

眉毛

顔の印象を左右する眉。今回のポイントは太眉にして、目と眉の距離を近づけること!眉が細い方は眉の上ではなく、眉の下をアイブロウで描き足しましょう。眉と目の距離が近づくことにより、外国人のような彫りの深い目元が作り出せます。

目元

アイライン+マスカラでパッチリ目を目指しましょう。特にアイラインで目尻を強調すると、ナチュラルかつ大人セクシーな印象に。さらに、長めの目尻ハネ上げラインにすれば、横幅が強調され目を一回り大きく見せる効果があります。マスカラは上下することで瞳がパッチリに。同じく目尻をめがけてボリュームアップしていきましょう。マスカラでなくつけまつ毛派の方も目尻のボリュームを重視しましょう。

鼻にはハイライトとノーズシャドーは必須アイテム!鼻は顔の一番中心にあるため、立体感が感じられるだけでメリハリがいっきに付く箇所でもあります。眉頭あたりから下に一直線に鼻の半分を目安に薄くノーズシャドーを。Tゾーンにはハイライトを。ハイライトはパールやラメ感があるものだと、より立体感を感じることが出来ます。入れすぎると不自然になるので『さりげなく』がポイントです。

チークのポイントは頬骨の上から横に広めにのせるとかわいさもアップし、立体感のある表情になります。外国人メイクのカラーにはオレンジがおすすめです。キュート重視にしたい場合はピンクでも◎。

大きな目と立体感を強調させるためにも、リップは大人な雰囲気のヌーディーカラーがおすすめ。しかし、ヌーディーカラーだけでは平面唇になりがちなのでグロスを重ねて潤いを与えることで立体感の出るプルプル唇に。口元は、あくまで自然な仕上がりで、他のパーツを引き立てるのがポイントなので派手なリップカラーよりも大人ベージュがおすすめです。

いかがでしたか?いつものメイクをこれらに変えるだけで彫深い外国人顔に劇的に変化できるかも!?いつもとは雰囲気を変えたいときに、外国人顔になりたいときに取り入れて、もっと自分とメイクを楽しみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/